戻る


「ダンナの稼ぎ」を探ってくる友達にウンザリ…既婚女性へのウザい質問ワースト3

「ダンナの稼ぎ」を探ってくる友達にウンザリ…既婚女性へのウザい質問ワースト3

写真拡大

 女性は結婚や出産で大きく境遇が変わると、そのつど付き合う女友達も変わりますよね。

 最近、既婚女性15人ぐらいと話していて、「好奇心を全開にした女友達からの質問がウザい」という話になりました。そこで、彼女たちが経験した「嫌だった質問ワースト3」をご紹介します。うっかり、こんな質問していませんか?

◆ワースト3「ここ家賃いくら?旦那さん、稼ぎいいの?」

 まず嫌なのは、夫の収入や生活レベルにまつわる質問です。

 A子さん(29)は独身時代は派遣社員でした。結婚相手は7歳上で大手企業のトップセールスマン。結婚前から夫が住んでいたマンションで新婚生活をスタートしました。

 ある日友達が遊びに来たい!と言うので喜んで招待すると、第一声が「家賃いくら?」「旦那さん何してる人?」という質問でした。

 こんな質問で不愉快になったと言う既婚女性は多いです。「新居に行きたい!」というから友達を一生懸命もてなしたのに、マンションの部屋をキョロキョロ、ベランダから景色をキョロキョロ。

「ここ分譲?賃貸?高いよね?家賃いくら?親の援助?旦那さん全額負担?」
「誕生日は高いバッグとかくれるの?」
「結婚指輪どこの?」

 逆に、実家が豪邸なのに、結婚してこじんまりしたマンションに住んだB子さん(32)に、周りの友達は言いました。

「ねえ、実家の方が落ち着くでしょ?」
「この生活で耐えられる?」
「B子ならもっと稼ぎいい人見つけられたんじゃない?」という余計なクソバイスまでされたそうです。

「月どのくらい使わせてくれるの?」「そのブランド品は旦那さんのお金で買ったの?」と聞かれた人もいました。

 お互いバリバリ共働きなら、「旦那さん稼いでるなら仕事しなくてもいいんじゃない?」。逆に専業主婦なら「働かないの? いいね、楽で」なんて、結局、どちらにせよつついてくる人はいるものです。

◆ワースト2「旦那さんの浮気心配じゃないの?」

 ワースト2は、浮気にまつわる質問です。

「旦那さんは夜は何時ころ帰ってくるの?」
「浮気とか心配じゃないの?」
「浮気されたらどうする?」

 そんなこと聞いて何になるかという、生産性ゼロの質問ですが、意外に多いんです。

 最悪なのが、浮気を疑っているタイミングでこの質問をされること。

 C子さん(30)は、妊娠してからなにかとぶつかり合い、夫と関係が悪化しました。浮気しているかもしれないと不安になりつつも、気をまぎらわそうと久しぶりに女友達とお茶をしたところ――。

「男って妊娠中が一番浮気多いって言うじゃん? 旦那さんは怪しそうなことないの?」と聞かれたのです。

 せっかくリフレッシュしようと外出したのに、逆にストレスが溜まる結果に。“自分が浮気された経験”から話が展開したならわかりますが、ただ唐突に聞くのは失礼でしょう。

◆ワースト1「妊活してる?子供は?二人目は?」

 結婚したら当たり前のように「次は子供」と決めつけて、こういう質問をする人は多いもの。今回話を聞いた女性の8割ほどが、この質問をされたことがあるとか。

 4年前に結婚したD子さん(34)、昨年結婚したE子さん(27)も、友達に会うたびに、「そろそろ子供つくらないの?」「子供欲しくないのー?」と聞かれたそうです。

 授かり婚で1人目を生んだF子さん(31)は、2人目の子づくりを夫に拒否されていました。でも、親戚や周りから「2人目は?」「あんまり年が離れていたらかわいそうじゃない?」などと質問されます。

 妊娠や出産については、デリケートな事情がいろいろあります。本人が話題にしない限り、こちらから聞くべきではないでしょう。

 親しき仲にも礼儀あり。最近、女友達の態度がちょっと変?なんて時には、上記のような質問をしていないか振り返ってみてはいかがでしょうか。

<TEXT/吉川リサコ>

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網