戻る


いくらなんでも多すぎる…中国人観光客が乗るバス、世界中で事故=日本でも

20日、中国メディア・環球網は、富士山4合目で発生した中国人観光客らが乗る観光バスの事故について報じた。

写真拡大

2018年4月20日、中国メディア・環球網は、富士山4合目で発生した中国人観光客らが乗る観光バスの事故について報じた。

19日午後4時半ごろ、山梨県鳴沢村の富士山4合目付近で観光バスとワゴン車が衝突した。観光バスには中国人のガイドと観光客28人が乗っていた。ワゴン車は韓国籍の男性が運転し、インドネシア人観光客11人が乗車していた。この事故で、バスとワゴン車に乗っていた男女18人が重軽傷を負ったという。

海外旅行に出かける中国人が増加する中、世界各国で中国人観光客が乗るバスの事故が頻発している。

今月6日にはマレーシアで中国人観光客16人が乗るバスが乗用車と衝突し、数人が軽傷を負った。また、3月23日にはタイで中国人観光客16人を乗せたバスがスリップ事故を起こし、15人が負傷。同22日にはポルトガルで中国人観光客37人が乗るバスが横転し、26人が負傷した。同6日にはオーストラリアで中国人観光客数十人が乗るバスが事故を起こし、2月16日にはタイで中国人観光客17人が負傷するなど、バス事故が頻発している。(翻訳・編集/北田)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網