戻る


付き合わないで!あなたを不幸にする年下男子

年下男子が好き♡という年上女子が増えています。が、中には「いくら可愛くても付き合わないほうが……」と思ってしまうような男性も。

大好きな彼だけど、なんか違うよね?女子を不幸にする年下男子、3つのケースをあげてみました。

奢られ待ち

「年下の好きな人は、デートに誘えば来てくれるけど、基本的に奢られ待ち。『奢りですよね?』と言われたこともありました。

私のほうが多分お金があるし、そんなものかなと思っていました。でも何となくモヤモヤして、いつも年下の彼氏がいる友人に相談したら

『私、そんなこと言われたことないよ!年下でも、ちゃんと付き合う気がある人は奢ってくれたり、最低でもワリカンだよ。

こっちが奢ってあげたい時は奢るけど、ねだられたことなんかない』と言われて目が覚めました。

彼にとっては私はただ奢ってくれるお姉さん的ポジションだったみたいです」(32歳・女性)

年上の私が奢らなきゃ!と全額奢りにしてしまう女子もいますが、あまりオススメできません。

「年下でも、というか年下だからこそ、好きな年上女子にはいいところを見せたい」という男性も多いんです。

奢り奢られ論争にはいろいろな意見があります。でも、女子に奢られる前提で行動する男子と付き合いたいですか?

対等に付き合いたいならお会計を女子に丸投げタイプの年下男性は避けたほうがよいでしょう。

打ち解けない

「好きな後輩がいて、私から誘って何度かデートはしましたが、絶対に敬語なんです。仕事中じゃなくて、休日のデートでも。

『敬語はやめてほしい』とお願いしてもダメ。それもそのはず、彼には他に好きな同期の女子がいたみたい。ただ断れなかっただけで、私のことはあくまでも職場の先輩としか見ていなかったみたい。

なんだか自分がパワハラ・セクハラしてしまったみたいな気分になってショックだったなあ」(26歳・女性)

年下男子も、好きな年上女子には自分を大きく見せたい願望があります。

あえて自分が年上のように振る舞ってみたくなることもあるようです。このケースのように絶対に敬語を崩さず、打ち解けてくれないのは「はっきり断るのは立場上ムリだけど、仲良くなる気もない」という気持ちの表れかも。

人間としてダメな行動ではないですが、明らかな脈ナシという意味では早めに撤退すべきでしょう。

彼女を「ババア」呼ばわり

「付き合い始めた年上の彼女が、僕に合わせてカジュアルな格好をするようになりました。いいんだけど、大人っぽくてフェミニンな彼女が好きだったので、つい『ババアなんだからさ、カジュアルはムリがあるよ』とからかってしまったんです。

最初は何も言わなかった彼女も、何回かそういう発言をしているうちに『言っていいことと悪いことがあるし、バカにされてまで付き合いたくない」と振られてしまいました。

どんなに謝っても『二度と関わりたくないので、謝られても許すことはないし、頭を下げられても困ります。それより今すぐ目の前から消えてください』と、許してくれませんでした。そりゃそうだよね」(27歳・男性)

「ふざけて」「悪気なく」と言いつつ、年上女子にこんな発言をする年下男子も中にはいるんです。

彼らは必ずと言っていいほど「悪気はなかった」と言います。女子もそう思って受け流せるならかまいません。でも、傷つくならガマンは厳禁。年上だから許さなきゃいけないなんてありえません。

「悪気がない」とは、「じゃあ怒っちゃかわいそうだよね」と許すべきということではありません。

単に「やった人には善悪の判断がつかない」という意味です。こんなデリカシーのない男性には、年齢関係なく、近づかないほうが幸せですよ。

「年下だから」で見る目を甘くしないこと

どれも「年下だから」というよりは、「好きになった人がたまたまダメな男だった」というケースです。

でも、年下だからこんなものかも?と、彼らを許してしまう女子が多いのもまた事実。彼が年下だからと、自分の違和感にフタをしないように!

(中野亜紀/ライター)

(愛カツ編集部)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網