戻る


レーシック手術でドライアイや眼精疲労…後遺症訴訟の和解成立「国は厳しく監督して」

関連画像

写真拡大

視力を矯正するレーシック手術で後遺症が残ったなどとして、患者17人が「品川近視クリニック」を運営する医療法人社団翔友会(東京都港区)を相手に損害賠償を求めた集団訴訟は3月22日、先行してドライアイや眼精疲労の被害を受けた4人について、法人側が解決金を支払うなどの内容で東京地裁で和解が成立した。金額は非公表。

●「医療法人、厳しく指導監督を」

ドライアイはレーシック手術を受けると発症する合併症。中には症状が続いたり重症化したりして、点眼だけでは改善せず新たに治療が必要になる人もいる。そんな中、同法人はレーシック手術のメリットだけを強調。HPでは「後遺症はほとんどの場合時間の経過とともに改善されます」といった文言や、ドライアイの発生率は4%とする図などが記載されていた。

レーシック被害対策弁護団団長の梶浦明裕弁護士によると、和解条項には法人側が遺憾の意を表明した上で、レーシック手術の合併症について患者に適切な説明を行うことやウェブサイトなどで患者に誤解を与えないよう努めることなどが盛り込まれた。

東京・霞が関の司法記者クラブで開かれた会見には原告の男女2人が参加。2人は火傷のような目の痛みや、頭痛、吐き気、めまいが術後から続いているという。原告の男性は、「ようやくここまで来れたが、あくまでスタートポイントだと思っている。厚生労働省は、営利目的のみの医療法人に対して厳しく指導監督を行って欲しい」と話した。

弁護団はレーシック施術を受けて健康被害が生じた人を対象に、無料電話相談を実施している。(http://www.iryo-bengo.com/)

(弁護士ドットコムニュース)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網