戻る


貴公俊の暴行事件がトドメ…貴乃花部屋は「消滅」の危機

 暴力根絶を訴える貴乃花親方(45)の足元で起きた十両貴公俊(20)の付け人暴行流血事件。

 19日、貴乃花親方は相撲協会の臨時会合に出席し、「申し訳ありませんでした」という謝罪とともに事情を説明。休場が決まった貴公俊や貴乃花親方らへの聞き取り調査も同日に行われ、29日の理事会で関係者への処分が検討される。

 報道陣に対応した貴乃花親方は「暴力はあるまじき行為。相撲以前の問題です。とても深刻」と神妙な面持ちで話した。

 貴公俊は18日の取組で土俵下の控えに入るのが遅れ、境川審判部長代理に叱責された。付け人の指示が遅れたことが原因といわれるが、だからといって腹いせに顔面を殴るなど言語道断だ。

 これに、ほとほとまいっているのが貴乃花親方だろう。角界の暴力体質をやり玉に挙げながら、弟子が付け人に暴力では説得力ゼロ。結局、自分も弟子を指導できていないじゃないか――と批判にさらされている。

 ただでさえ、日馬富士暴行事件での一連の対応や、内閣府への告発状などで、一門やシンパの親方衆が離反。2票しか集められなかった2月の理事候補選が、孤立を物語っている。

 ある親方が言う。

「元シンパの親方の中には、『アイツはクソ野郎だ。こちらの話を何も聞きやしない』なんて言う者もいる。貴乃花部屋の弟子からも、『できるものなら部屋を移籍したい』という声が上がっているくらい。貴乃花一門という名称もなくなるんじゃないかと言われています」

 相撲協会には現在、出羽海、二所ノ関、高砂、時津風、伊勢ケ浜、貴乃花と6つの一門があるが、実体は不明瞭。協会の資料には「いくつかの部屋が集まって、慶弔の利害を共にして互いに協力しあう組合と同じ」とある。要は派閥のようなものだと思えば、理解しやすい。

「一門は理事会などで正式に認知されるものではない。『本当は貴乃花一門なんてない』という重鎮もいるほど。貴乃花一門はかつて、貴乃花グループと呼ばれていた。それが2014年、北の湖前理事長の『そろそろあそこも一門でいいだろう』という鶴の一声で呼び方が変わった経緯がある。もともと、貴乃花一門は個々の部屋同士の関係性が薄い寄り合い所帯のようなものだし、一門の実権はすでに先の理事候補選に当選した阿武松親方が握っている。『阿武松一門』を名乗るのも時間の問題でしょう」(前出の親方)

■親御さんたちの心境

 消滅しそうなのは一門に限らない。

 貴乃花部屋はただでさえ付け人不足。所属力士10人のうち、十両以上の関取は4人だから、幕下以下が務める付け人は6人。関取1人に対して2人の付け人がいるのが常で、物理的にムリがあるのだ。人が足りなければ一門内から“調達”するのが普通だが、貴乃花部屋はそれをしていない。

 今年は場所前の一門の連合稽古がなかったばかりか、一門の激励会もなぜか部屋の激励会に変更された。同志であるはずの親方には案内状すら届かなかったそうだから、貴乃花部屋は一門内でも孤立しているということなのだろう。付け人にしてもあるいは、他の部屋から借りたくても借りられない状況なのかもしれない。

 付け人の確保すらままならない現状に加え、今回は力士が年上の付け人に平気で手を上げる貴乃花部屋の体質まで明らかになった。今後の弟子集めにも少なからず影響するに違いない。さるマスコミ関係者がこう言う。

「貴公俊は同部屋で双子の貴源治の兄。イケイケで今風の貴源治に対して、貴公俊はおとなしく慎重なタイプです。入門当時は2人とも明るい好青年といった感じだったのに、ともにツイッターの背景に旭日旗を使うなど右傾化を心配する向きもあった。角道を取り戻すことのみ、私の大義であり大道でありますなどと言う貴乃花親方の影響じゃないかともっぱらです。いずれにせよ、今回の事件は貴乃花部屋にとって大きなダメージになる。協会全体を敵に回しているばかりか、付け人になれば関取に殴られるかもしれない。角界を目指す子供を持つ親御さんたちにしても、貴乃花親方に預けるのは二の足を踏むかもしれません」

 貴乃花親方のこれまでの主義主張や執行部批判は、自分のことを棚に上げたものが大半だ。8年間も理事を務めながら、在職中に協会の体質を変えようと特別なことをしてきたわけではない。最近の理事会では発言らしい発言すらしてこなかった。それが理事職を解任されたとたん、コンプライアンスをないがしろにし、ガバナンスもなっていないと言い出した。

 部屋で暴力事件を起こした春日野親方に理事の資格はないという持論にいたっては噴飯もの。今回の事件が起こる以前にも、弟子だった貴斗志裁判の記録には貴乃花親方が付け人に暴力をふるったと書かれている。貴乃花一門どころか部屋自体がピンチを迎えそうなのも、すべて自業自得だ。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網