戻る


大坂vsセリーナの1回戦は過酷!? 「ルールが彼女を助けるべき」 シード改善要望の声

セリーナ・ウィリアムズ、大坂なおみ【写真:Getty Images】

写真拡大

元世界1位も休養でランク下降でノーシードのセリーナ、大会責任者はこの状況の改善を求めた

 女子テニスシングルス世界ランク22位・大坂なおみ(日清食品)は現地時間21日に行われるマイアミ・オープン1回戦で、元世界1位のセリーナ・ウィリアムズ(米国)といきなり激突することが決まった。

 BNPパリバ・オープンで自身初タイトルを獲得し、一躍スターダムにのし上がった大坂。対戦する“女王”セリーナへの注目度も再び高まっているが、大会責任者は「ルールが彼女を助けるべき」とし、状況の改善を訴えている。英公共放送BBCが伝えている。

 1回戦でいきなり実現した注目対決。大きな注目を集めているが、BBCもこの対戦をクローズアップ。「セリーナ・ウィリアムズ、マイアミ・オープンの責任者がルール変更の要求について言及」と見出しをつけて特集している。

「ナオミ・オオサカとのビッグマッチを早くも迎えることになったセリーナは初めての出産のため、合計で13か月間、休養していたこともあり、ノーシードの対象となっている」

 記事ではこう伝えている。元世界1位のセリーナだが、出産による休養などを経て現在の世界ランクは491位。大坂も初優勝で22位まで浮上したが、それ以前は44位で共にシードの対象からは外れていた。そのためにこの豪華な1回戦が実現したわけだが、大会責任者で元世界4位のジェームズ・ブレーク氏はこの状況の改善を訴えている。

大会責任者ブレーク氏は“産休明け”セリーナを守るルール作りが必要だと提言

「出産のためにコートから一時離脱した選手を守ることは理にかなっている」

 ブレーク氏はこう話している。そして「ルールが彼女を助けるべきなんだ。彼女に少しでも戦いやすいドローの恩恵をもたらし、より適した道筋を授けるためのだ」と強調している。

「このようなことがあまり起こるべきではないと思っている。彼女はこれまで何度もタイトルを勝ち取ってきた。こういう現状の場合は、多少のプロテクションは必要だ。もし彼女が負傷やモチベーション低下の理由で戦線を離脱していたのなら、そのようなサポートは必要ない。だが、彼女は子供を授かったんだ。それは本来、我々もその全てを祝うべき事象だろう」

 BBCに対し、同氏はこう訴えている。セリーナほどの実績があるにも関わらず、ツアーから離れたことで世界ランクが下降。ノーシードとなり、大坂とのいきなりの対戦という、ハードなマッチアップとなったことに異議を唱えているのだ。

「我々にできるのは、彼女が戻ってきた際に、負担を少なくするため、シードを用意し、充分な期間を提供することだったはずだ」

 こう提言。どういった基準を設けるかはともかく、実績を残した選手が特別な事情で戦線を離脱した場合の新たなルール作りの必要性を訴えていた。

 ファンからも「ナオミのアイドルと対戦するすごく大きなチャンス」「これはバカげている」「1回戦なんで残念」など1回戦でビッグマッチに賛否の声が上がっていた。見方によれば、大坂の快進撃によってクローズアップされた課題。その動向がテニス界のルールを変えるきっかけになるかもしれない。(THE ANSWER編集部)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網