戻る


「貴乃花」独占インタビューに協会激怒 取材拒否の“テレ朝かわいがり”

「かわいがり」を巡って……

写真拡大

 サラリーマン川柳にこんな作品がある。〈この職場ムチはあってもアメはなし〉。自分に甘く、他人に厳しい。国技もそんなところなのだろう。テレビ朝日が貴乃花親方の独占インタビューを報じてから、相撲協会による「かわいがり」、すなわち「痛めつけ」が始まったという。

 ***

 テレ朝が特番「独占緊急特報‼ 貴乃花親方すべてを語る」を放送したのは、2月7日のことである。

 ここ数カ月たまるばかりだったため息を一気に吐き出すように、親方は協会を批判。日馬富士の傷害事件について、協会が作成した報告書と、被害を受けた弟子・貴ノ岩の証言が食い違っていると訴えた。

 テレ朝にとっては、他を出し抜くスクープであったものの、協会があっさり土俵を割るなどということはなかった。

「かわいがり」を巡って……

「協会は、必要な申請書類を提出せずに一方的に貴乃花親方の主張を流したとして、テレ朝に激怒した。そして、放送翌日にあった、暴力に関する『再発防止検討委員会』初会合の取材を受け付けない、という嫌がらせをしてきたのです」

 と、テレ朝関係者。

 更に悪いことに、2月26日には、三月場所の番付発表会見からもテレ朝は押し出されている。担当記者の言葉を借りれば、

「新入幕や昇進がかかっていたり、あるいは注目力士が顔見せをする場で、とにかく場所前にファンの期待がピークになる一大イベントです。それが取材できないなんて、聞いたことがありませんね」

「今の状態は残念」

 3月1日には思わぬ伏兵も現れている。

 貴ノ岩が久方ぶりに口を開くということで、担当記者がぶら下がっていた。しかし、テレ朝はこの現場に辿り着けず、いわば不戦敗を喫している。協会が手をまわしていたというわけではないようだが、となると、どういうことなのか。

「仕切り役の記者が協会に忖度したようです。とにかく、テレ朝側はぶら下がりを知らされていなかったのです。まあ、記者も含めて相撲はムラ社会。テレ朝には貴乃花のインタビューでヌカれているし、その結果、協会に睨まれているわけだから、積極的に助け船を出そうという発想はないでしょう」(前出のテレ朝関係者)

 相撲協会に聞くと、

「(テレ朝には)本件はもとより今後についても誠実な対応を求めております」

 他方、テレ朝の角南源五社長を直撃すると、

「記者会見とかそういうものについては、“これまで通り取材させていただきたい”とお願いしているはずです。だから、取材できないという現状は残念です」

 と話す。件の特番についても、「公共性、公益性の高い視聴者の関心事を報じた」と胸を張っていたから、偽らざる心境であろう。

 最後に、コーポレート・ガバナンスに詳しい早稲田大学の上村達男教授も公益という言葉を口にし、問題点を指摘する。

「親方とはいえ元力士は経営の素人です。そんな人たちが理事の役職を務める相撲協会では、公益財団法人を名乗るに相応しいガバナンスが全くと言っていいほど効いていないのです。公正に正当な意見を集約する仕組みがない。だから、貴乃花親方を寄ってたかってイジメるような、偏った意思決定がまかり通ってしまう。今回の取材拒否の件も根底は同じだと思います」

 ムチならぬ無知ゆえに、公益の看板を濡らす雨が降り続けるのだ。

「週刊新潮」2018年3月15日号 掲載

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網