戻る


年金情報を中国業者に委託 約500万人のマイナンバーも

 日本年金機構から個人データの入力作業を委託された東京都内の情報処理会社が契約に反し、中国の業者に作業を任せていたことが19日、分かった。共同通信が報じた。

 2月支給の年金をめぐり、受給者約130万人分の所得税が正しく控除されず、支給額が本来より少なかった問題。都内の業者は約500万人分のマイナンバーや配偶者の所得などに関する情報を扱っており、このうち一部の入力を中国の業者に委託していた。データが外部に流出したかどうかは不明だという。

・年金情報を中国業者に委託 5百万人、マイナンバーも(共同通信)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網