戻る


大坂なおみ、同い年カサトキナは“急進化”を警戒「彼女はとてつもなく成長している」

大坂なおみ【写真:Getty Images】

写真拡大

“20歳頂上決戦”に米メディア大注目「女子テニス界のニューウェーブ」

 女子テニスシングルス世界ランク44位・大坂なおみ(日清食品)がテニスのBNPパリバ・オープン(インディアンウェルズ)で同19位のダリア・カサトキナ(ロシア)と20歳同士の決勝を戦う。若きヒロイン候補同士の頂上決戦に、米メディアは「女子テニス界のニューウェーブ」と大注目。カサトキナは「彼女はとてつもなく成長している」と警戒している。

 アメリカに“ナオミ旋風”が巻き起こっている。大坂は準決勝で世界ランク1位のシモナ・ハレプ(ルーマニア)に6-3、6-0でストレート勝ちを収め、日本人初のプレミア・マンダトリー決勝進出を達成。ノーシードながら初戦で元世界1位マリア・シャラポワ(ロシア)を撃破すると、ジャイアントキリングを繰り返した。

 一方、第20シードのカサトキナも準決勝でビーナス・ウィリアムズ(米国)とフルセットの死闘の末に逆転勝利。決勝に駒を進めている。そして、大舞台で実現した20歳対決。「ダリア・カサトキナとナオミ・オオサカはニューウェーブを代表する」と特集したのは、米地元紙「ニューヨーク・タイムズ」だった。

 決勝に進んだ大坂は、今や女子テニス新世代の旗手だという。ハレプ戦後の記者会見で「誰もいなくなってしまったから、少し寂しい気持ちもあるの」と語った大坂について、記事では「皮肉の利いたユーモアを持つ新星」と人気を集めている“天然”なキャラクターを紹介している。

初対決のカサトキナ「彼女はとてつもないほど成長している」

 男子プレーヤー顔負けの高速サービスとパワフルなストロークを武器にする大坂に対し、スピンを効かせた強烈なサービスとフォアサイド、片手バックハンドのスライスなど技巧派のカサトキナ。対照的なスタイルの新鋭は初対決となる。

 記事によれば、カサトキナは「ジュニア世代でも彼女と対戦したことはなかった。でも、彼女はとてもいいテニスをしている。いいサービスを持っているし、とてつもないほど成長している」と大坂の充実ぶりを認め、急進化を警戒しているようだ。

 大会前に大坂にカサトキナが股抜きショットを教えていたことも話題を呼んでいる。準決勝で敗退したビーナスが今大会に初参戦した時、まだ生まれていなかった20歳コンビ。未来の女子テニス界の主役の激突となるかもしれない。(THE ANSWER編集部)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網