戻る


幸せになりたいなら今すぐストップすべき悪習慣7つ

せっかくならハッピーに過ごしたいのに、ちょっとしたことでイラっとしたり、やる気を失ってしまう、そんなことはありませんか。それは日常のささいな習慣が関係しているかもしれません。幸せになりたいなら今すぐストップすべき悪習慣についてまとめてみました。こんなクセがないかどうか、よーくセルフチェックしましょう!

幸せになりたいなら今すぐストップすべき悪習慣7つ

1. ちょっとした小さなウソを積み重ねてしまう

誰かに認められたくて、面白いヤツだと思われたくて、普段からちょっとした小さなウソをつくのがもはやクセになっていないでしょうか。でもそんなウソの積み重ねはやがて人に見破られてしまうでしょうし、自分としても空しさを覚えるだけ。言葉一つ一つの重みをもっと大事にできる大人になりたいものです。

2. なにかうまくいかないのは全て他人のせいだと決めつける

人生うまくいく時があれば、どんなに足搔いてもうまくいかない時もあります。でも調子の悪い時、それを全て周りや他人のせいにしているだけではますます負のループにはまり込むばかり。うまくいかない時こそ、それをどうやって乗り越えるか、その人の真価が問われます。

3. いつも自分の感情や気持ちを表に出さず、やり過ごしてしまう

自分の感情をむき出しにするなんてカッコ悪いと思っていませんか。でもいつも気持ちや感情を押し殺し、やり過ごしてしまうのはとてもストレスフルなことです。幸せを感じたかったら、自分の気持ちや感情によく耳を傾けること。自分が何を心から求めているのか分からなかったら幸せも感じようがありません。

4. 手遅れになるまで面倒くさいことを放置している

このまま放っておいたら、マズイことは百も承知なのに何もする気が起きない、もはやどうにでもなれという捨て鉢な気分、そんな気持ちがあると、みすみす自分を追い込む結果になるだけ。これでは幸せも逃げてしまうというものです。“マズイな”と思う前に、何かアクションを起こすこと、ここで怠け癖が出てしまっては何ごともうまくゆきませんよ。

5. 自分の収入内でやりくりしようとせず、借金体質になりがち

幸せ体質な人は自分のキャパシティを超えてまで、何かを求めたり、手に入れようとはしません。どんな収入レベルであれ、その範囲内で感じられる幸せを着実に見つけてゆく人たちです。自分にそれだけの収入がないのにわざわざ借金までして何かを買わなければ、満足できないというメンタリティでは幸せはやってきません!

6. つねにパーフェクトを目指し、妥協することができない

つねに向上心を持ち、上を目指すというのは素晴らしいことです。でもあまりにも厳しくそれを自分や他人に課してしまい、いつまでたっても不満ばかりというのでは残念すぎます。そもそも人間である限り、完璧な存在にはなりえないし、不完全な部分こそユニークな個性であり魅力でもあるのです。それを受け入れられた時、自然と幸せも感じやすくなるでしょう。

7. いつも自分の気持ちやニーズを後回しにして、他人を喜ばせようとする

いつも自分の気持ちやニーズを後回しにして、誰かのことを優先してしまう、一見なんとも自己犠牲的で立派なようです。でもじつは“他人から嫌われたくない”という気持ちが強くて、自分を守りたい一心からそんな行動になってしまうのかもしれません。もっと自分の気持ちに正直になって思い通りに生きたほうが幸せになれるのではないでしょうか。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網