戻る


「猫を看取った話」に涙…… 最期に感じた小さな鼓動、ペットとの別れはいつか必ず訪れるもの

最近は猫ブームだそうで、犬の飼育頭数に迫る勢いで猫が家族の一員として活躍している。

僕は子どもの頃から猫に限らず動物の絶えない生活を送っていたが、どんなにたくさんの猫と暮らしてきても、お別れのときには毎度悲しいやら苦しいやらで生きた心地もしなくなる。

今現在は3匹の猫に囲まれて暮らしているが、1日たりとも「いずれお別れが来るのかぁ」と悲観的にならなかった日などない。

昨今は衛生面、そして飼い猫の安全という観点から、終生室内飼いにする世帯も増えている。猫の気持ち的には外に散歩に出たいだろうが、個人的には賛成だ。

先日、国道の脇に水色の首輪をした猫が横たわっているのを見てしまった。ああいう最期になるぐらいなら、せめて安全な家の中で、不自由なく暮らしてもらいたいと思うが、これもまたエゴなんだろう。

さて本題である。今回は、はてな匿名ダイアリーに投稿された、ある男性の日記を紹介したい。(文:松本ミゾレ)

癌で闘病生活を送っていた愛猫、その最期の瞬間を夫婦で立ち会った記録

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網