戻る


俺の彼女、貧乏…?「彼から安月給認定されちゃう」衣服の3つのポイントとは…

皆さんは普段、どんなファッションをしていますか?また自分が気に入っている服屋などはありますか?

女性にとってファッションに力を入れるのは当たり前の事ですよね。近年ではトレンドを手頃な値段で取り入れる事が可能なので、小中学生の女の子でもトレンドを取り入れたファッションを上手に着こなしているので驚きですよね!

しかし、ファッションには落とし穴もあって、あまり安価な物ばかり取り入れてしまうと周りから”安っぽい女”と思われてしまうかも?

そこで今回は、安っぽいと思われてしまう衣服のポイントをご紹介したいと思います。

■1、トレンドアイテムは値段がバレやすい!

必ずその年に流行するアイテムってありますよね。春先で言うなら「トレンチコート」でしょうか。このトレンチコートに注目してみると、トレンドアイテムとして流行した場合街中で必然的に着る人が増えますよね。

当然増えてくるとハッキリ見えてくるのが”質の違い”です。冒頭にも触れましたが、最近ではトレンドを安価に取り入れるのが可能になっているので、男性が見ても生地の質感などに違いがあるのが分かります。

値段が高いものであればそれなりに縫製や生地も良いものが使われているのです。しかし毎回トレンドを意識して高いものを買うと、お財布にも響きますよね。逆転の発想で捉えれば、トレンドこそ手頃な値段で揃えるのが良いのです。

なぜならずっとそのアイテムが流行り続ける事はあまり無く、同じアイテムがまた流行しても少し形が変わっているから。ですからこのような流行アイテムを選ぶポイントは”安価でも高く見えるデザインを見つける”ことでしょう。

■2、洗濯何回したの…?毛玉が付いている

服の素材によっては一度の洗濯で毛玉が付いてしまった!なんて経験をした方もいるのではないでしょうか?また、自分でも気づかないうちに服とカバンなどが擦れて毛玉ができている場合もあるでしょう。

しかし、毛玉って意外と周りから見られているんです!ではどうすれば毛玉は防げるのでしょうか?まずは生地に使われている素材、特にニットやスウェット生地などは毛玉が出来やすいですよね。

ニットに良く使われている「レーヨン」や「ポリエステル」「アクリル」などといった素材は化学繊維からできていて、繊維の目が綿などに比べて粗く毛玉ができやすいのです。

しかしこのニットもお手入れを少し工夫してあげれば毛玉を予防することができます。まず、ニットで気をつけるのは”洗濯の方法”。ニットを洗う時には必ず裏返しにする、そして目の細かいメッシュの洗濯ネットに入れる。続いてドライマーク専用洗剤を使用すると素材にかかる負担を抑えることができます。

洗濯機にも「ドライモード」がありますから、そのモードを使って洗濯してみると良いでしょう。これを気をつけるだけでも毛玉をだいぶ防ぐ事ができるはずです。是非一度試してみてくださいね!

■3、気になる首元や袖のヨレ

洋服のヨレというのはだらしなさを連想させてしまいます。首元がダルダルに伸びている服を着ていたら「身だしなみに気を使えないんだな…」とガッカリしてしまいますよね。

特に服の中でも「Tシャツ」は首元や袖口のヨレや伸びが一番分かりやすいです。この原因となるのがやはり洗濯で、他の衣服と洗うことで摩擦で擦れたり服同士が絡まって伸びてしまったりという原因に繋がるのです。

ここで先ほどのニットでもご紹介した”洗濯ネット”を使うことでこれらの原因を防ぐ事ができ、ヨレや伸びを防ぐ事ができます。またワンポイントとして首元を細かく畳んで輪ゴムで軽く結ぶと首元が広がるのを防止できるのです!

最後に干し方に注意すればTシャツも型崩れせず長く着ることができます。それはハンガーに干す時に二つに折って干すと首元の伸びを防げます。また物干し竿であれば袖を竿に通して干すと良いでしょう。

■4、安っぽく見えないアイテム選びが大切!

ファッションで一番大切なこと、それは「安っぽく」見えない服装をする!たとえ値段が安くても”トータルして綺麗にまとまっている”のであれば安さを感じることはありません。では、アイテム選びで気をつけなきゃいけない事って何なのでしょうか?

・縫製で糸が出ていないか

・縫い合わせてある部分の柄が汚い

・着た時のシルエット感の違い

など買う時点でしっかりと確認することです。これらを押さえるのが一つのポイントになります。このようなポイントを意識してみると見た目の安っぽさを回避できるでしょう。

また、ファッションの事がいまいち分からない…なんて方は話題のYouTubeやLINEブログをチェック!安くても、高く見えるようなアイテムやトレンドアイテムの着方などを紹介してくれているのでとても勉強になると思います。

いかがでしたか?

服は着る人によって安っぽく見えるのではなく、見せ方で変わってしまうというのが分かって頂けたと思います。これを参考にして、是非ファッションを楽しんでくださいね。(きえお/ライター)

(愛カツ編集部)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網