戻る


カイロは貼る場所で温め効果が違う!効果的な貼り方

カイロは貼る場所で温め効果が違う!効果的な貼り方

写真拡大

 こんにちは。ヨガインストラクターの高木沙織です。

 寒い日が続いていますね。温め効果のあるインナーを着ても、外に出たら体はひんやり。そこで役に立ってくれるのが貼るタイプの“カイロ”ですが、貼り方次第では望むようなポカポカさを感じられないこともあるんです。

 では、カイロを貼るときはどのようなことに気をつけたらよいのでしょうか。

◆ポカポカを感じられる温めスポット

 せっかくカイロを買って洋服に貼っても、「温まってる?」と疑問に思ったことはありませんか? それ、カイロを貼る場所に問題があるのかもしれません。次にカイロを貼るときは、下記の温めスポットを狙ってみて!

1. 首

「寒さは首から入ってくる」と聞いたことはありませんか? 首には太い血管があるため、冷えると血液まで冷たくなると考えられているためです。反対に、首を温めてあげれば温かい血液が体をめぐると体が温まるというわけです。

 頭を前に倒したときにポコッと出る首と背中の中間くらいにある骨の辺りにカイロを貼ってみてください。

2. 背中

 首から肩上部、左右の肩甲骨の間〜背中にかけて“僧帽筋(そうぼうきん)”という鎖骨や肩甲骨の動きに関わる大きな筋肉があります。大きな筋肉を温めてあげると血流がよくなり、体がポカポカしてくるのを感じられるでしょう。

 左右の肩甲骨からやや中央に寄った場所にカイロを貼って。

3. お腹

 多くの女性は腹部の筋肉量が少なく、体の熱を作りにくい状態。内臓も冷えて機能低下にもつながる恐れが。

 へその下あたりにカイロを貼って、お腹を温めてあげましょう。また、右わき腹にカイロを貼ってあげると肝臓の温め効果に期待できます。

 肝臓が温まると老廃物の排出が促されて内臓機能が向上すると言われているんですよ。

4. 足首

 足首は心臓から遠い場所にあり、血流が滞りやすい場所。血管があるくるぶしのあたりにカイロを貼って、足先を温めてあげましょう。

 カイロを貼るとよい場所がわかったら、次は“貼り方”です。

◆カイロを貼るときの注意点

 カイロは、小さいものでも最高温度が60度近くに上がり、それが10時間程度持続します。安全に効果的に使用するためにも貼り方には気を付けましょう。

1. 必ず衣類に貼ること
2. 下着の上など薄い衣類の上には貼らないこと
3. 重ねて貼らないこと
4. ベルトやゴムによる締め付けがない場所に貼ること
5. 長時間同じ場所に貼り続けないこと

 これまでカイロは使っていなかった方も、温め効果を感じられなかった方も、貼る場所・貼り方を改めて使用してみてください。きっと、寒い冬を乗り切る強い味方になってくれますよ。

<TEXT/高木沙織>

【高木沙織 プロフィール】
美容ライター/ヨガインストラクター/ビューティーフードアドバイザー/スーパーフードマイスター。多角的に美容・健康をサポートする活動を行っている。過去には『AneCan』『Oggi』の読者モデル、ファッションモデル、ナレーター等も経験。Blog:http://ameblo.jp/0293tg/
Instagram:saori_takagi

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網