戻る


「スポーツ実績だけで大学入学」の大きな弊害


勉強かスポーツかの二者択一の結果、部活が勉強をやらない言い逃れになってしまっているケースがある(写真と本文は関係ありません。写真:shortstop6 / PIXTA)

2017年11月30日、文化放送 「The News Masters TOKYO」というラジオ番組で語られていた話に、筆者は釘付けになった。出演していたのは、前横浜DeNAベイスターズ社長の池田純氏だ。

IT実業家として成功した池田氏は、30代半ばで野球球団の社長になったとき、選手たちに原則3年間の寮生活を義務付けたという。大学や高校を卒業してプロ入りした選手たちの意識は一般社会の常識と大きな隔たりがあり、しつけのため、そして社会のイロハを教える場が必要と感じたからだそうだ。

勉強をしなくても進学できるルートの存在

さらに、池田氏は「机を捨てていいから一日中サッカーなり野球なりをしろ」という考え方をよしとする姿勢が、日本のプロスポーツを目指す人々の一部にあることも指摘していた。もちろん、まじめに勉学に取り組む運動部の学生もいるが、池田氏の言われるところの「机を捨てて」一日中、特定のスポーツに専念する者が、アマチュアの学生として教育困難大学の多様な学部に大勢存在する。

義務教育の段階から、勉強か、今やっているスポーツかの二者択一を行い、スポーツを選んで勉強をまったくさせようとしない保護者や、しようとしない子どもは一定数存在する。幼い頃から親が好きなスポーツを子どもに習わせ、幼児の大会やジュニア大会で入賞でもすると「うちの子は、○○の方向に行かせるから」と、暗に勉強を邪魔者のように宣言する保護者に悩まされている教員は少なくない。

このような保護者を後押しするのが、勉強をしなくても学校の部活動で実績を上げれば進学できるというルートの存在だ。このルートを揺るぎないものにしたのは、知名度を上げるためにスポーツを利用した大学であり、高校である。

大学とスポーツの関係を研究している早稲田大学の小野雄大助手の論によれば、大学入試の際、スポーツに秀でた者に特別の配慮をすることは1947年の新制大学の設置直後から、すでに一部の大学で行われていたという(小野雄大、友添秀則、根本想「わが国における大学のスポーツ推薦入学試験制度の形成過程に関する研究」 体育学研究62(2)2017)。

また、推薦入試も当時の文部省により1965年以降に公認され、拡大の一途をたどる。1980年代に入ると、1982年に早稲田大学教育学部体育学専修で特別選抜が行われたのを皮切りとして、現在実施されているスポーツ推薦の形態が急速に広まる。

それと並行して、1987年には臨時教育審議会「教育改革に関する第三次答申」の中に「青少年のスポーツ活動の振興を図るため、入学者選抜や就職の際にそれらの活動が積極的に評価されるよう配慮する」と明記された。その後、1990年代に始まる入試多様化の動きの中で、多くの大学が、スポーツで実績を挙げた高校生を、あまり学力に重きを置かずに入学させる枠を作るようになった。

興味深いのは、推薦を受けられるスポーツ種目が一般的に人気があるスポーツに限っている大学が多い点である。このルートで入学した学生たちが、テレビやラジオで中継されるような人気のある大会で、かつての強豪校を超える活躍をするようになれば、大学の知名度アップに大きく貢献する。また、オリンピックや世界大会で活躍した学生がいる大学には、補助金も出されることも大きい。大学は、学問で功績を残すよりもスポーツで成功する方が、分かりやすいメリットを享受することができるのだ。

大学進路実績の向上は、高校のイメージアップになる

スポーツで大学に入学できる可能性が高まれば、高校の部活動も必然的に変わる。高校の学力レベルは各地域の塾の模試がはじき出す偏差値で序列化されているが、それを上げるためには入学する生徒の層を少しでも上げなければならない。しかし、保護者や中学生が高校の教育内容を精査することは難しく、大学進学実績で判断しがちである。つまり、受験方法はどのようなものであれ、大学進路実績の向上は高校にとって比較的短時間で効果がわかるイメージアップとなる。

高校の部活動顧問で特定の大学にパイプを持ち、実績も上げられる教員の高校内での発言力も増すようになった。特に、私立高校では野球などの人気種目の部活動に力を入れる。学校名を出すことはできないが、関東圏のある高校では、リトルリーグに所属していて少しでも目立つ中学生には声を掛け、とにかく自校に入学させるという。内部の関係者によると、部の監督は「高校でその生徒が伸びても伸びなくてもいい、ほかの高校に行って能力を開花させてライバルになると困るから」と発言していたという。

一方で、この動きは特定のスポーツで注目を浴びるチャンスを得たいと考える中学生にはありがたいものでもある。自宅から遠いスポーツ強豪校に「留学」して活躍する高校生が、こうして生まれる。

スポーツを介して大学と高校に特別な関係ができれば、当然、中学校にも影響が及ぶ。高校の部活動顧問は中学校の部活動に高い関心を持つようになり、部活動の実績が高校入学に有利に働くようになる。公立高校入試においても、中学校の部活動実績が大きくプラス評価されているのは、全国共通の傾向だ。現在、中学校の部活動が生徒・教員にとって負担が大きいと問題視されているが、過重な負担がかかるようになったのも、高校進学、その先の大学進学との関係も一因となっていると筆者は感じる。

周囲がスポーツしかやれない境遇に追い込んでいる

スポーツが好きで、それに打ち込めることはすばらしいことではある。しかし、問題は、「机を捨てて」いることだ。スポーツをやっていることが勉強をやらない言い逃れになっており、またスポーツしかやれない境遇に周囲が追い込んでいるという面もあるのだ。

大学まで1つの競技を続けてきた学生たちは、「できればプロになりたい」と考え、彼らなりに頑張ってきた。しかし、そこに至るのはごく一部の選りすぐりの人であること、そして、自分の力の限界も十分にわかっている。それでも、彼らはその競技をやることしか知らないので続けるしかない。大学の運動部学生を多く見ている教員は、ほとんどの学生の目に「あきらめ」を感じると語る。自分の限界を感じても、ほかの道を探す時間的余裕もなく、必要なことを学ぶ方法もわからず、彼らは耐えているように見えるというのだ。

大学の講義は、練習の疲れと内容への関心のなさから、眠気と戦い、そして多くの場合は眠気に負ける時間となる。そんな彼らにとって、各大学でこの時期に行われている試験は大きな試練だ。そして、最後の手段として、ほとんど解答が書けない答案用紙に「○○部です。よろしくお願いします」と、高校の時から書きなれている言葉を書くことになるのである。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網