戻る


葬式にストリップを呼ぶのは親孝行!? 中国農村部の慣習に当局がメス

<葬式ストリップを止めさせたい当局が農村に送った本は、ビジネス書にIT専門書...>

悲しみに暮れる遺族とすすり泣く参列者。在りし日の故人の姿に思いを馳せ偲ぶ――葬式といったら、こんな情景が浮かぶ人は多いだろう。しかし中国で問題になっているのは、一般的なイメージとはかけ離れた葬式だ。タブロイド紙「環球時報」の英語版によると、農村部の葬式で催されるストリップに対し、当局が廃止キャンペーンに乗り出した。


春節を控えた今年1月、取り締まりの対象として具体的に名前が挙がったのは、河南省、安徽省、江蘇省、河北省。婚礼や葬儀、寺院でのストリップの密告ホットラインを開設し、リークした者に報酬を払うと発表した。

ストリップは親孝行と自己顕示の手段

中国の農村部では、葬式にストリッパーを呼ぶことで、亡くなった人に敬意を表する習わしがあるという。「親孝行」をアピールする手段として、多くの人が集まる葬式は格好の場と同紙は報じている。

また、葬式にストリッパーやコメディアンを呼ぶことで、自らの稼ぎを周りに誇示する傾向もあるという。

ここにビジネスチャンスを感じる輩もいて、2006年に実施された調査では、葬式で踊る若くてセクシーな女性を囲いこもうとする「賢い」ビジネスマンもいたそうだ。同年に放映された中央テレビ局CCTVのニュース番組で、江蘇省東海県に5つの葬式ストリップグループの存在が明らかになった。

ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網