戻る


【イタすぎるセレブ達】ジャスティン・ビーバー、父の結婚式はセレーナ・ゴメス同伴で出席

ジャスティン&セレーナ、一緒にジャマイカへ

写真拡大

カナダ出身の人気歌手ジャスティン・ビーバー(23)はこのほど、父ジェレミーさんの挙式のためジャマイカへと旅立った。今回の挙式には、恋人セレーナ・ゴメス(25)と揃って出席したことを『PEOPLE.com』などが伝えている。

ジャスティン・ビーバーの父ジェレミーさんが現地時間19日、長く交際を続けていたチェルシー・リベロさんとジャマイカにて結婚式を挙げた。関係者によれば、ジャスティンは前日18日に一旦テキサスへ立ち寄りセレーナ・ゴメスと合流、そこから2人でジャマイカへ飛び立ったという。

2人は先週、バレンタインデーにビバリーヒルズの高級レストランでデートしていたところをキャッチされたばかり。昨年に復縁の噂が出はじめた頃から教会へ一緒に通ったり、ジャスティンが出場するアイスホッケーの試合にセレーナが同行したりと、仲睦まじい2人の様子が度々伝えられてきた。

交際相手の父親の結婚式に出席するということは、セレーナがジャスティンの家族から認められているという何よりの証拠だ。「これまでとは様子が違う」と周りを言わしめる“新生ジャスティン”が、交際を今でも快く思っていないセレーナの母マンディさんに心から祝福してもらえる日も、そう遠くはないかもしれない。

ちなみにセレーナは、バレンタインデーをジャスティンとロサンゼルスで過ごした後、地元テキサスに戻っていたが、それはもう1つ別のウェディングが理由であった。近々いとこのプリシラさんが結婚するにあたり、ブライズメイドを務める予定のセレーナ。今回はそのドレス選びが目的だったという。このところ周りで結婚ラッシュが続いているセレーナ、自身が“ウェディングベル”を鳴らすタイミングについては慎重に見極めているところだろうか。
(TechinsightJapan編集部 c.emma)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網