戻る


XiaomiがInstagramで「ステマ」疑惑〜アメリカへの本格的な進出準備か


 
日本でもたびたび糾弾されているステルスマーケティングですが、国を問わず嫌う人間は少なくありません。Xiaomiがインフルエンサーに金銭を払い製品アピールを依頼した疑惑があるにもかかわらず、広告だと明記していないことが問題視されています。

偶然の一致?それとも…

ニューヨークで開催されたファッションイベントに顔を出した人物には、ファッション以外にも奇妙な共通点がありました。インフルエンサーと呼ばれる彼らの何人かが、こぞってXiaomiのモバイルバッテリー「Mi Power Bank Pro」をInstagramでアピールしていたのです。
 
例えば、お騒がせセレブとして有名なパリス・ヒルトンのInstagramを見ると、「#NYFW(ニューヨーク・ファッションウィーク)では素晴らしいライフセーバーだったの!私の携帯はいつも100%充電状態よ。#SelfieMoment(セルフィーの瞬間)を逃すことはなかったわ。私の#MiPoweBank #PoweredByMi最高!」というコメントと共に、これみよがしにXiaomiのモバイルバッテリーがアピールされています。
 

 
また、ファッションブロガーのブライアン・ボーイに至っては、ホームページアドレスまでがXiaomiのモバイルバッテリーが販売されているAmazonのリンクに設定されています。
 

感想か広告かの区別がつかない

もちろん、Instagramにはこうしたマーケティングを禁止するルールは存在しません。むしろ、販売用プラットフォームとしての活用は、Instagram側にとっては大歓迎のはずです。
 
しかし、ニュースサイトAndroid Authorityによると、Instagramでこのようなマーケティングを行う際は、広告であることを明示する「#Ad」というハッシュタグをつけるのが“慣例”になっているそうです。タグがないと、それが感想なのか、広告なのか区別がつきにくくなってしまうからです。
 
しかし、ブライアン・ボーイの投稿には「#Ad」のハッシュタグを確認できる一方、パリス・ヒルトンの投稿には見当たりません。Xiaomiがアメリカ進出に本腰を入れ始めたのだとしても、ステルスマーケティングだと認識されてしまうことは、インターネットですぐに情報が拡散されるご時世にあって、決して賢いマーケティング方法とは言えないでしょう。
 
 
Source:Android Authority
(kihachi)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網