戻る


羽生結弦と宇野昌磨の「メダリスト公式フレーム切手」 メルカリで高額転売相次ぐ

画像は「メルカリ」スクリーンショット

写真拡大

羽生結弦選手と宇野昌磨選手の「平昌 2018 冬季大会日本代表選手 メダリスト公式フレーム切手」が19日に発売され、フリマアプリ「メルカリ」やオークションサイト「ヤフオク!」では、早くも高額出品が相次いでいる。

日本郵便では、平昌五輪でメダルを獲得した日本代表選手の公式フレーム切手を、表彰式の翌々日から販売している。19日にはフィギュアスケートで五輪2連覇を果たした羽生結弦選手と銀メダルの宇野昌磨選手のフレーム切手を発売。日本郵便の通販サイト「郵便局のネットショップ」がダウンするほどの人気となっている。これを受けてメルカリやヤフオク!では、希少性が高まることを見込んだ高額出品が相次いでいる。

「メダリスト公式フレーム切手」は、メダリストの写真をあしらった82円切手5枚を1シートにしたもので、価格は税込1400円。しかし、メルカリには2000円から3000円台の価格帯で多数出品され、次々と取引が成立している。中には3.5倍強の価格にあたる5000円での出品や、転売目的とみられる同一人物による複数出品もあり、「希少品」「東京中央郵便局で1シート購入に最大2時間の列ができた大人気の切手」といった売り文句が添えられている。

日本郵便は、オリンピック・パラリンピックフレーム切手は十分な用意があるとして、ネットショップには時間を空けてアクセスするよう呼びかけている。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網