戻る


カーリング女子が″おやつタイム″で食べた「赤いサイロ」に注文殺到 五輪特需で「発送が普段の倍かかることも」

まだまだ熱狂が続く平昌オリンピック。2月17日にはカーリング女子日本代表がOAR(ロシアからの個人出場)に快勝した。このときの「おやつタイム」で食べられた、「赤いサイロ」がネット上で話題になっている。

カーリングは"氷上のチェス"と呼ばれ、頭脳戦が長時間に及ぶ。心身ともに消耗するためハーフタイムに栄養補給をしながら作戦会議を行う。この時間がネット上でおやつタイムと話題になり、楽しみにしているファンも少なくはない。

件の「赤いサイロ」は北海道北見市に本店を置く清月が販売するチーズケーキだ。OAR戦のハーフタイム映像に、同製品のパッケージとケーキが映りこんでいることに気付いた同社は19日、公式ツイッターで、

「カーリング女子LS北見のOAR戦のおやつタイム、何と当店のチーズケーキ赤いサイロ食べてくれていました!!」

と投稿した。

「売上は普段の倍。でも一番人気なので品切れにはならないと思う」

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網