戻る


演技後に投げ込まれた「くまのプーさん」の行方は…?

平昌オリンピックのフィギュアスケート男子ショートプログラムで、圧巻の演技を披露し、完全復活を見せつけた羽生結弦選手。無数の日の丸が揺れ、会場中が大歓声に包まれるなか、大量のくまのプーさんのぬいぐるみがリンクに投げ込まれた。ファンにとって、羽生選手の演技後にリンクが黄色く染まるのはよく見られる光景。でも普段はあまりフィギュアスケートを見ないという視聴者からは、「くまのプーさん? なぜ?」と疑問の声も上がったそう。

ファンならご存知の通り、羽生選手は昔からプーさんのティッシュケースを愛用している。でもオリンピックではスポンサー的な問題で持参することができなかったため、代わりに会場に詰めかけたファンたちがプーさんグッズをリンクに投げ込み、「プーさんの雨」を降らしたという。

その「プーさんの雨」も大きな話題になったけれど、海外メディアはその後の「プーさんたちの行方」にも注目。『ジャパンタイムズ』紙によると、羽生選手は受け取ったギフトは全て現地に寄付するのだとか。「他の大会でもそうですが、いただいたギフトは大会が開かれた地域に寄付しています」「なので今回も江陵市や平昌に寄付する予定です」

演技後に花束やプレゼントがリンクに投げ込まれるのは、羽生選手に限ったことではない。アメリカのショーン・ラビット選手も今年上旬に開かれた大会でザ・チャンプスの名曲「Tequila」を使用した際、ファンから大量のテキーラを受け取ったとツイート。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網