戻る


明石家さんま 普段の食生活を告白「胃は金持ちにならない」

明石家さんま(写真:読売新聞/アフロ)

写真拡大

17日放送のラジオ番組「ヤングタウン土曜日」(MBSラジオ)で、お笑い芸人の明石家さんまが普段の食生活を明らかにした。

番組では、さんまが塩サバ好きを明かした上で、「安いのにめっちゃくちゃうまいやんか!」などと熱弁を振るっていた。ほかにも、塩昆布とお茶漬けをおいしく食したことなども明かす。すると、お笑い芸人の村上ショージが「なんか田舎の中流家庭の食事みたいですね、すべてが」とツッコミを入れたのだ。

さんまも苦笑気味に「もうちょっと金使うた方がええわ、俺」とこぼしつつ、「テレビでよう言うてんねんけど、胃は金持ちにならないって。昔のままやねんね」とつぶやく。外見上では、いいものを着たり、いい車に乗ったり、いい家に住んだりしているものの、「胃はそれ見てないから!」というのだ。

胃は、現在のさんまの収入や生活ぶりを見ておらず、小さいころに食べておいしかったものを求めると説明。そんなさんまは、いまだにシーチキンやソーセージについ手が伸びてしまう、と漏らしていた。

【関連記事】
・明石家さんまが引退する芸人を引き止めないワケ「辞めることも正解」
・明石家さんまがバブル後の壮絶な借金生活を語る「5億円で死ぬと思った」
・明石家さんまが「努力は報われる」に辛辣発言「逃げ言葉に使う奴が多すぎ」

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網