戻る


大雪から一夜明けた多摩川が、あまりにも幻想的すぎると話題

大雪から一夜明けた朝、関東甲信越では、雪に埋もれた車や自転車が街のあちこちで見受けられ、幻想的な風景が広がっています。

そんな中、東京の端を流れる多摩川で、まるでCGか映画のワンシーンかのような風景が広がっていて綺麗すぎる!とツイッター上で大きな話題になっています。

画像を投稿したのは、ツイッターユーザーのkenbowlize‏さん(@kenbowlize)。

一体どんな風景が広がっていたのか、当該ツイートを早速ご覧ください。

美しい! というか、神々しい。多摩川に川霧が発生しているんですね。川霧とは、夜に冷えた大気が、暖かい川の水に触れて湯気みたいに立ち上って発生する霧のこと。これが、さらに幻想的な風景を生み出していたんですね。

ここにシンゴ●ラを歩かせたら絵になるのに、と思ったら、すでにやっている方がいました。。。

ぴったり。。。うーん、やっぱりシンゴジ●は多摩川に限る。 みなさま、あと数日は雪による事故が起きやすくなっていますので、お気をつけてご通学、ご出勤、ご帰宅を!

※本記事内のツイートにつきましては、Twitterのツイート埋め込み機能を利用して掲載させていただいております。

MAG2 NEWS

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網