戻る


矢口真里、モー娘。時代の格差を語る「なっちや後藤のカードは当たりで枚数が少なかった」

 22日、おぎやはぎの小木博明と矢作兼がAbemaTV(アベマTV)でMCを務めるトークバラエティ『おぎやはぎの「ブス」テレビ』(毎週月曜よる9時〜)が放送され、“美人枠”として登場した元モーニング娘。・矢口真里が、モー娘。のメンバー内に、運営側が“可愛さランキング”を設定していたことを明かした。

 矢口は「当時、モー娘。のトレーディングカードが出ていたんですけど、『当たり』は、なっち(安倍なつみ)や後藤(真希)。人気メンバーはそもそもの(生産)枚数が少なかった」と告白。「(保田)圭ちゃんとか、私は結構多め。(カードを作る)大人が点数を付けていた」と暴露した。

 当時トレーディングカードを買っていた人からは「本当にやぐっちゃんが多かった」と言われるなど、矢口のカードは“ハズレくじ”扱いされていたそう。矢口は自身の順位について「結構下の方だったと思う。ヤンキーファンが多かった」と振り返った。

 矢作から「やっぱりなっちには敵わない?」と聞かれた矢口は「全然敵わない。太刀打ちできない」とあっさり白旗宣言。「なっちは普段からアイドルだった。モー娘。メンバーは大酒飲みが多いけど、なっちはカシスオレンジを一口飲んで、カーッとなる」「100点のアイドルです」と語り、おぎやはぎの2人は「それはやっぱりトップになるね」と安倍のアイドルとしての素質に感嘆していた。

(c)AbemaTV

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網