戻る


インスタグラムの闇 借金や不倫、復讐や更新の義務化現象も

1週間更新をストップし「インスタ離れ」したことで気持ちが楽になったと語るGENKING

写真拡大

 2013年、インスタグラムで「謎の美男子」と話題になったことがきっかけで芸能界デビューしたGENKING。だがインスタで「いいね!」を得ることが快感になるあまり、カードローンでブランド品を購入してはインスタにアップし、すぐ質屋に売ってまたブランド品を購入することを繰り返した。

 当時の月収は20万円ほどだったが複数のカードを駆使して借金を重ねて、ひたすらインスタ映えを追い求めた結果、インスタを始めて1年でローンの合計は1000万円に達した。

 芸能界で必死に働いて何とか全額を返済したGENKINGは、後にテレビ番組で当時を振り返ってこう述べた。

「SNSでつらい思いをするよりも、身の丈にあった写真で楽しむべき。自分をしっかり持ってる人は、必死に自慢をしない」

 夫婦関係が破綻することもある。レイ法律事務所の松下真由美弁護士のもとには、インスタ絡みの法律相談が数多く寄せられる。

「最近はインスタがきっかけで不倫が発覚することが多い。とくに女性は不倫を誰にも言えないから、SNSに写真などを記録して思い出に残す傾向があります。夫や妻が配偶者のスマホを勝手に見たりして不倫が発覚するケースが多い。鍵をかけたアカウントに投稿しても、共通の知人が“子供がかわいそう”と見かねて不倫された夫に情報を伝えたケースもある」(松下弁護士)

 投稿された不倫写真はスクリーンショットで容易に保存でき、離婚調停や裁判で不貞の動かぬ証拠となる。より危惧されるのは、不倫された側による「復讐」だ。前出の松下弁護士が言う。

「妻のインスタに不倫の写真を見つけた夫から、『不倫相手の勤務先に知らせてもいいですか』と相談を受けたことがあります。最近は浮気の事実をSNSで公表して不倫相手の友人や勤務先にばらしたり、浮気した妻の恥ずかしい写真や動画をばらまくケースも実際に起きている。いずれも名誉毀損罪などの犯罪に該当する行為ですが、浮気された側は頭に血が上っているので歯止めがきかないことがある」

 マナーの悪さも社会問題となっている。大阪市港区のベイエリアにある大阪港第三突堤第七岸壁(通称・ナナガン)は、背後に阪神高速湾岸線の真っ赤な橋梁や55階建てビルが見える絶好のスポットだったが、2017年12月8日から一般人は立ち入り禁止となった。

「一昨年からインスタ映えスポットとして人気が出て、多い時は300台以上の車が岸壁にギッシリ集まり、危なくて仕方なかった。空き缶や食べ物などのゴミもひどくて迷惑していたので、閉鎖されてよかったです」(岸壁近くの物流倉庫社員)

◆「日本社会の特性」も原因か

 海外では、SNSに「映え」を狙うあまり命を落とすケースさえ続出している。中国では高層ビルの屋上で命綱なしで側面にぶら下がるパフォーマンスをYouTubeで披露していた男性が落下して死亡し、メキシコでは麻薬組織のボスを口汚くののしる動画をアップした17才少年が武装集団に銃殺された。

 決してポジティブな面だけでないSNSに対して、こんな声も聞こえる。

「以前は頻繁にインスタを更新していたけど、いい加減疲れました。最初は友達同士で楽しんでいてフォロワーが増えることがうれしかったけど、次第に更新がかったるくなった。ある時、友達の投稿に『いいね!』を押しながら、“私今、いいねと思っていないのに押している”とふと思ったんです。楽しかった撮影やコメントが義務になっていることを感じて更新をやめました」(35才OL)

 楽しいはずのインスタがなぜ泥沼となるのか。精神科医の香山リカさんは「日本社会の特性」が原因だと指摘する。

「ムラ社会の日本では“自分は自分”と思うことができず、狭いコミュニティーのなかで人より上か下かで自分の価値を測ります。人からどう思われるかを過剰に気にする社会なので、インスタでも他人との競争意識が生じて“負けたくない”と更新が義務のようになる。 インスタは本来、楽しむはずのツールなのに、エネルギーを吸い取られてしまって心を病むこともあります」

 とくに投稿が一覧で表示されて、料理やメイクなどの写真で「自分」と「他人」を比較できるインスタは、「負けたくない」との意識が生まれやすい。心の病で静養する必要があるのに、“更新をやめたら私はおしまいだ”と写真をアップし続ける人もいる。

 これがインスタ映えのもたらすもう1つの現実である。

※女性セブン2018年2月1日号

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網