戻る


中国の愛人契約詐欺集団 19歳女性を手玉にとった方法

弱みにつけこまれると大変(写真:アフロ)

写真拡大

 日本でも「パパ活」なる言葉が一般化しつつあるが、やはりリスクとは背中合わせと考えざるをえない。中国の情勢に詳しい拓殖大学海外事情研究所教授の富坂聰氏がレポートする。

 * * *
 習近平指導部が進める反腐敗キャンペーンにより、多くの腐敗官僚が摘発されてきた中国だが、党中央が「生活腐敗」と呼ぶ、男女の乱れはまだまだ盛んであるようだ。それを連想させる社会の動きがメディアに盛んに報じられるようになったのは、2017年末からのことである。

「愛人契約詐欺」と呼ばれる犯罪の蔓延である。いったい何が「愛人契約詐欺」なのだろうか。

 貧しい暮らしをしている女性がまだまだ多い中国では、ネット上に愛人希望の女性の呼びかけが頻繁にアップされているのだが、先の集団はまさしくそうした女性たちをターゲットにするという。

『都市快報』が2017年末に報じたケースの被害者は、浙江省寧波に住むまだ19歳の女性だった。

 最初に女性が詐欺グループの男と接点を持ったのは「毎月30万元(510万円)で愛人」というミニブログの一文からだった。

 間もなく女性は男と接触。会って話しているうちに男性から「とりあえず52万元を支払うから、愛人になってほしい」と誘われ、実際に彼女のスマホにも入金情報が送られてくる。

 ただ、ここからが問題で、送金されてきた情報はそもそもネットを使った仕掛けであり、その上、「金額が高額なことから引き出すのには手数料が必要」という通知が入るのである。

 請求されたのは7000元(約11万9000円)であった。

 通常であれば簡単に払うようなものではないが、「30万元」のためであればという感覚に陥る。その後、男は「52万元」がまだ引き出されていないのに、新たに「66万元を振り込んだ」、今度は「88万元を」というように矢継ぎ早に振り込みをしてきたという。

 女性はそのたびに手数料を振り込み続けたのだが、その結末は想像の通りである。

 結局、彼女は相手から一銭も得られないまま、3万元(約51万円)ものカネを騙し取られ、さらに悪いことに親友にもこの「おいしい話」を進めたため、彼女たちにも被害を広げてしまったという。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網