戻る


YouTube広告収益化の基準厳格化 ユーザーは嘆き


YouTubeは1月16日、動画を投稿するユーザーが広告収入を得られるようにするための「YouTube パートナープログラム」の参加基準を厳しくすると、公式ブログで発表した。新基準は2月20日から適用される。

今回新たにYouTubeパートナープログラムへの参加基準となったのは、「チャンネル投稿動画の再生時間が過去1年間で4000時間以上」「チャンネル登録者数が1000人以上」という2つの条件。これまでは「チャンネル投稿動画の合計視聴回数が1万回以上」が参加条件であり、新基準はかなりハードルが高くなったといえる。

現時点でYouTubeパートナープログラムに参加しているユーザーについても、新基準を満たしていない場合は、広告収入が得られなくなるとのこと。Twitterでは、

“俺あと10倍頑張らないとYouTube収益化出来ない位 制限厳しくなって草”
“なんかYouTubeの収益化厳しくなっていくンゴね・・・。 弱小だとチャンネル登録者1000人がかなりハードル高いンゴ・・・。 はやくバイトしてお金ためてのVR界隈に参戦して遊びたいンゴね。”
“おわった… youtubeの広告の基準が変わっておわった…糞動画を垂れ流してなんとか1万回再生突破して少しずつ収益化しようと思ってたのにおわった”

などと、YouTubeでの収益化が厳しくなったというユーザーからの嘆きの投稿も少なくない。

今回のYouTubeパートナープログラム参加基準の厳格化の背景には、YouTubeで発生したいくつかの“炎上騒動”が影響しているとのこと。最近では、アメリカの人気YouTuberが富士の樹海で自殺者の遺体とみられるものを撮影した動画を投稿し、厳しく批判されるということがあった。こういった不適切な動画にも広告が表示され、投稿者が広告収入を得ている事実もあるのだ。

しかし、収益化のハードルが高くなったことで、

“結果的に、過激な手段で注目を浴びて、一気に登録者を増やす手法だけが価値を持ち始めそう。それはYouTubeの目指すところではないはずだが…(広告主が減るので)”

などと、逆に再生回数を求めるがあまりにより一層過激な動画を投稿するユーザーが現れる可能性を指摘する声もあった。

現在、YouTubeでは、投稿された動画に問題がないかチェックする機能を強化中で、AIによる自動判別のほか、人間によるチェックも強化し、2018年にはレビュアーチームを1万人以上の規模に拡大する計画だという。

YouTubeパートナープログラムの参加基準を厳しくするとともに、投稿動画のチェックを強化し、コンテンツの健全化を図るYouTube。その効果は発揮されるのか、注目が集まる。
(小浦大生)

■関連リンク
・YouTube Creator Blog: Additional Changes to the YouTube Partner Program (YPP) to Better Protect Creators
https://youtube-creators.googleblog.com/2018/01/additional-changes-to-youtube-partner.html
・YouTube、不適切動画チェック担当者を2018年に1万人以上に - ITmedia NEWS
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1712/06/news055.html
・「YouTube 基準」での検索結果 - Yahoo!検索(リアルタイム)
https://search.yahoo.co.jp/realtime/search?p=YouTube+%E5%9F%BA%E6%BA%96

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網