戻る


あまりの惨敗に田嶋会長が激怒!「日本代表選手としての誇りを持ってるのか」

田嶋会長は、日本代表選手のあまりの不甲斐ない出来に激怒。「情けない」と語った。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[E-1選手権]日本 1-4 韓国/12月16日/味の素スタジアム
 
「情けない」
 
 日本サッカー協会の田嶋幸三会長は、韓国戦の惨敗後、そう呟いた。
 
「試合に負ける、デュエルに負ける。もちろんそれも悔しいことだけど、がむしゃらに取り返しに行くとか、そういう日本代表選手としての誇りを持ってるのかと。井手口がかなりマークされて抑えられた時に、自分たちでそれを打開するために何かしようというアクションが見られない。残念極まりない試合でした。応援してくださった方に申し訳ない気持ちですね。せっかくワールドカップの切符を取ってから、すごく良いチャンスにも関わらず……私自身も久々にこんな試合を見たという気がするくらいです。ワールドカップ予選でイラクと引き分けたりうまくいかなかったことはいろいろあったけど、それとは次元の違うレベルでの情けなさですね」
 
 田嶋会長が指摘するのはプレーではなく、メンタル面だ。開始3分で幸先良く先制したものの、同点とされてからの戦いぶりはあまりに不甲斐なかった。守備陣はバランスを崩し失点を重ね、攻撃陣もチグハグでロングパスを放るだけの単調なアタックに終始。何より選手たちから、これをどうにかしようという“気概”が、伝わってこなかったという。
 
 同時に海外組の不在を大きく感じたようで、「今日の結果を見ると、そういうこと(海外組不在の影響)が当てはまってきてしまう。それが悔しくないのかと思いますね。海外組がいなくても俺たちでやれるくらいの気持ちで臨んでほしかったし、それを示す良いチャンスであった。だからこそ、非常に悔しい」と語った。
 
 Aマッチウィークに設定されていないため、欧州組を招集できなかったE-1選手権は、国内組を見極める選考の場でもあった。
 
「ダメな選手がわかるということもある意味で収穫。最後ここで勝つことが一番重要だったわけですが、それに対する貪欲さとか粘りとかが感じられなかった。そこは、例えばワールドカップで勝点1取らなきゃいけない場面に通じる。そこで力を出せるかどうか。日頃から出せないものを急にワールドカップで出せるはずがない」
 
 北朝鮮、中国に連勝しながらも、あまりに不甲斐ない結果で終えた今大会。田嶋会長の逆鱗に触れた選手たちは果たして、ここからフル代表にどれだけ残るだろうか。

【日本代表PHOTO】E-1選手権・第3戦の韓国戦。4失点の惨敗で優勝ならず…

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網