戻る


9歳の男の子が『自閉症』を解説 その理由に胸が熱くなる

※写真はイメージ

写真拡大

アメリカのノースカロライナ州に住む9歳の男の子、ジョージくん。

自分で原稿を作り、ナレーションや編集などを行った、約6分の動画を公開し「自分は自閉症だ」と訴えました。

理解してもらうため

ダンスや音楽などが好きなジョージくんは、自分の自閉症の特徴を分かりやすく、ユーモラスを交えて動画で解説をしています。

「席に座る」を意味する『take a seat』を「席を持っていく」と直訳した言葉でとらえてしまい、イスを持っていってしまうことがあると告白。

また、騒音の中では1つの音に集中するのも苦手であると話しています。

目を見ながら話すのは苦手なんです。目を見ていないことがあるけど、話を聞いてないわけじゃありません。

一度に多くの音を聞いてしまうから、1つの音に集中するのが難しいだけなんです。質問にすぐに答えられないのはそのせい。

Lisa Jolley ーより引用

さらに、ジョージくんはこう語ります。

君たちと同じで、僕も楽しいことが大好きです。

僕が1人で遊んでいても、みんなと遊びたくないからではありません。もっとみんなと遊びたい。

何かあれば、僕に質問してみてください。なんでも気軽に聞いてみてください。

Lisa Jolley ーより引用

ジョージくんが動画を公開したのは、クラスメイトの友達に自閉症について理解してもらうため。

自閉症とはどういったものなのか理解してもらうことで、「友達ともっと仲よくなりたい」というジョージくんの強い意思が感じられます。

ジョージくんが作った動画をご覧ください。

ジョージくんの訴えに、温かいコメントが寄せられました。

・とてもいい動画ですね。友達と仲よくなりたいという情熱がよく伝わってきました。

・才能にあふれる男の子ですね。この動画が好きです。

・看護師をしていますが、とても勉強になりました。

友達に理解してもらうために、自閉症と向き合い動画を公開したジョージくん。

その勇気と情熱が伝われば、きっと多くの友達に囲まれた、楽しい学校生活が送れますね!

[文・構成/grape編集部]

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網