戻る


北野武が初監督作品の撮影で味わった洗礼…スタッフが言うこと聞かず

ビートたけし

写真拡大

15日放送の「たけしのニッポンのミカタ!」(テレビ東京系)で、映画監督の北野武がデビュー作品の撮影現場で味わった苦労を語った。

番組終盤、TOKIOの国分太一が、ビートたけしが北野武として初監督作品「その男、凶暴につき」を撮影した当時について話題を振る。

北野によると、漫才から映画業界に飛び込むような「異業種監督」というものが少なかったらしく、周囲は「え!? たけしが映画撮るの?」と反応が芳しくなかったそうだ。

そういったムードだったため、北野は「嫌だったね…(スタッフが)言うこときかなくて」と、当時の苦労を嘆いた。なんでも北野が「(シーンを)撮り直す」と指示を出しても、助監督から「カット割いってください」と専門用語を持ち出して、新参者の北野を追い詰めてきたそう。

そこで、北野はかつてカメラ7台を前にしたコントの経験を引き合いにして「たかが1台のカメラでお前らなんかに(とやかく)言われるほど素人じゃねえんだ!」と一喝したという。

また、非協力的なスタッフに「言うこと聞け!」と怒鳴り散らしたとも明かしていた。

【関連記事】
・ビートたけし 自身が監督を務める映画作品でリハーサルをしない理由
・原田泰造が北野武の1発撮りに不安告白「本当に頭の中が混乱」
・北野武 「情報7days」で受けている指示を暴露「なるたけ、しゃべんないで」

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網