戻る


大津いじめ訴訟、「死ね」はあいさつ程度と元同級生が説明

 2011年に大津市の中学2年の男子生徒が自殺したのはいじめが原因だとして、遺族が加害者とされる元同級生らに損害賠償を求めた訴訟の口頭弁論が14日、大津地裁で開かれ、元同級生らのうち最後の1人の尋問が行われた。元同級生は、男子生徒に当時「死ね」と言ったのは「あいさつ程度(の認識)だった」と述べた。共同通信が報じた。


・「死ね」はあいさつ程度と説明 大津いじめ訴訟で元同級生(共同通信)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網