戻る


「闘会議2018」のパートナー企業による企画やゲーム大会タイトルを発表

「闘会議2018」のパートナー企業による企画やゲーム大会タイトルを発表

写真拡大 (全2枚)

niconicoとGzブレインは、2018年2月10日(土)、11日(日)に開催するゲームファンとゲーム大会の祭典「闘会議2018」のパートナー企業や参加ゲームタイトル、ブース企画などを発表した。

また本日、コンピュータエンターテインメント協会(CESA)、日本オンラインゲーム協会(JOGA)、日本eスポーツ協会(JeSPA)、e-sports促進機構、及び日本eスポーツ連盟(JeSF)の5団体連名により発表された、来春早々発足するeスポーツ新団体が、「闘会議2018」の主催として新たに追加、さらにプロライセンス発行第1号となる大会が「闘会議2018」にて開催されることが決まった。

プロライセンス発行予定タイトルは以下の通り ※2017年12月13日時点。
「ウイニングイレブン 2018」/「ストリートファイターV アーケードエディション」 /「鉄拳7」/「パズル&ドラゴンズ」/「モンスターストライク」(※50音順)

さらに「闘会議2018」には、国際eスポーツ団体のleSF(韓国)とeGames(英国)、海外地域eスポーツ団体のKeSPA(韓国)が来日し、日韓エキシビションマッチが行われることとなった。

■パートナー企業企画やゲーム大会、ステージイベント
・「スプラトゥーン甲子園」(任天堂株式会社)
・「ARMS闘会議大会」(任天堂株式会社)
・「大乱闘スマッシュブラザーズ for Wii U niconicoチャンピオンシップ2018」(任天堂株式会社)
・「XFLAG BATTLE STADIUM(モンスターストライク/ファイトリーグ)」(XFLAG スタジオ)
・「バンダイナムコエンターテインメントブース」(株式会社バンダイナムコエンターテインメント)
・「闘会議2018鉄拳7〜Break the world〜」(株式会社バンダイナムコエンターテインメント)
・「23/7 トゥエンティ スリー セブン スペシャルステージ」(23/7 トゥエンティ スリー セブン)
・「ポノスブース」(ポノス株式会社)
・「大炎上#コンパスグランドスラム 野良バトグランプリ」(戦闘摂理解析システム #コンパス)
・「レインボーシックス シージPS4版 国内最強チーム決定戦」(ユービーアイソフト株式会社)
・「パズル&ドラゴンズ」(ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社)
・「ディシディア ファイナルファンタジー NT」(株式会社スクウェア・エニックス)
・「ストリートファイターV アーケードエディション」(株式会社カプコン)
・「ウイニングイレブン2018」(株式会社コナミデジタルエンタテインメント)
・「モンスターエナジー」配布(モンスターエナジージャパン合同会社)
・「G-SQUARE」(G-SQUARE)
・「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS 公式大会」(DMM GAMES)※特別協力
・「PlayStation(R)」(PlayStation(R))※特別出展

「闘会議2018」では、デジタルからアナログまで古今東西のゲームを集めた様々なユーザー参加型企画を実施。フォトスポットでの写真撮影が楽しめる「コスプレエリア」や、カードゲーム、ボードゲーム、人狼が遊べる「アナログゲームエリア」、お馴染みのゲーム実況者が多数登場する「ゲーム実況者エリア」、ゲーム楽曲を生演奏する「音楽ステージ」など、バラエティ豊かな企画を多数用意している。

・コスプレエリア:コスプレ更衣室を完備。フォトスポットでの写真撮影も楽しめる。
・アナログゲームエリア:カードゲーム、ボードゲーム、人狼を楽しめる。
・レトロゲームエリア:ゲームの歴史に残る懐かしいゲームが遊べたり、巨大コントローラーで対戦できる。
・自作・インディーゲームエリア:ゲームの「遊ぶ」・「観る」・「作る」を体験できる。
・TRPGエリア:「クトゥルフ神話TRPG」をリアルに体験できる。
・ゲーム実況者エリア:見るだけではなく参加も可能。お馴染みのゲーム実況者が多数登場する。
  • 1
  • 2

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網