戻る


VARに不満を示すベイル「フットボールに必要ないもの」

VARに不満を示すベイル「フットボールに必要ないもの」

写真拡大

▽レアル・マドリーのウェールズ代表MFガレス・ベイルがビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)について自身の見解を述べている。スペイン『マルカ』が報じた。

▽マドリ―は13日、クラブ・ワールドカップ準決勝で、開催国のアルジャジーラと対戦し2-1で勝利した。この試合の31分、カゼミロがゴールネットを揺らすもVARによりカゼミロのファウルを取られて得点とはならず。さらに47分にはブスファのゴールがVARによりオフサイドと判定されて取り消しとなった。

▽こういった状況を踏まえてベイルは、「正直に言えばVARは嫌いだし、フットボールにとって必要のないものだ」とコメント。フットボール界に進出してきたテクノロジーに対して否定的に捉えていることを明かした。

▽なお欧州サッカー界ではVARの導入が進んでおり、今シーズンはブンデスリーガとセリエAで導入されている。遅れをとっていたリーガエスパニョーラも来シーズンから導入を開始することが発表されている。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網