戻る


日産が新ブランド「AUTECH」設立、多様化するデザインの好みに対応

画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●第1弾は「セレナ」に設定、ミニバンにプレミアムという付加価値

日産自動車はプレミアムスポーティーブランド「AUTECH」(オーテック)を立ち上げ、日本市場向けに商品を展開していくと発表した。第1弾となる「セレナ AUTECH」を近く発売し、その後は対応車種を拡大していく構えだ。日産のサブブランドといえば「NISMO」(ニスモ)が思い浮かぶが、新たにブランドを立ち上げる同社の意図とは。

○まずは「セレナ」、今後はSUVやコンパクトカーにも設定

ニスモは日産のモータースポーツ活動をDNAとするブランドで、これまでに「GT-R」「フェアレディ」「ジューク」「ノート」「マーチ」の5車種に展開してきたが、2017年11月21日に「セレナ NISMO」を発売し、計6車種のラインアップとなった。

一方、オーテックは「セレナ」から始めて、車種を拡大していく。オーテックブランドの立ち上げ発表会に登壇したオーテックジャパンの片桐隆夫社長によると、ミニバン、SUV、コンパクトカーなど、需要のある車種にオーテックを設定していく計画だという。

○多様化するクルマの好みに二枚看板で対応

ニスモとオーテックは、どちらも既存のクルマに「スポーティー」という付加価値をつけるブランド。違いが分かりづらい部分もあるが、ニスモは「ピュアスポーツ志向」、オーテックは「プレミアムスポーティー志向」なのだという。

双方のブランドを特徴づける付加価値は、スポーティーな「デザイン」「ハンドリング」「加速感」の3つで共通しているが、その中でも、ニスモとオーテックではデザインに明確な違いを持たせているという。

片桐社長によると、スポーティーなクルマを求める顧客の中でも、デザインに対するニーズは一通りではない。ニスモは分かりやすいスポーティーさで訴求する一方、オーテックは欧州メーカーに見られるような「クラフトマンシップ」を感じさせるデザインを採用し、スポーティーかつプレミアム感のある外観で訴えていく方針を示す。デザインへのニーズが多様なので、この二枚看板で対応していこうというのが日産の考えだ。

●高付加価値ミニバンに代替SUVも? 多様化する多人数乗車の選択肢

○多人数乗車市場での争いは熾烈に

注目したいのは、オーテックの第1弾がミニバンの「セレナ」だという点だ。今回、セレナにはニスモバージョンも加わったので、同じセレナでも通常モデル、オーテック、ニスモの3種類から選択することが可能になったわけだ。

片桐社長はオーテックで想定する顧客層を聞かれ、「クルマ好き」や「スポーティーなクルマを志向する顧客」などのほか、「やむをえずミニバンに乗っている人」にも訴求していきたいとの考えを示した。家族構成などからミニバンに乗る必要があるものの、乗り味やクルマの格好よさにもこだわりたいという顧客層が、ある程度は存在するということだろう。

思えばトヨタ自動車は先頃、スポーツカーの新ブランド「GR」を立ち上げた際、ミニバンの「ノア」と「ヴォクシー」にも同ブランドを対応させて、ミニバンに新たな価値を持たせる方向性を打ち出した。一方でマツダは、3列シートのSUV「CX-8」を発表し、ミニバンに代わる選択肢を提示して新たな市場の創造に挑戦している。

日産がオーテックの第1弾に「セレナ」を選んだのが、トヨタとマツダの動きを視野に入れた意図的な動きだったのかどうかは分からないが、少なくとも、“やむをえず”ミニバンに乗っている父親世代を狙った動きが各社から相次いだことは興味深い。日産の広報によると、「セレナ NISMO」にも悪くない反応があるそうなので、“高付加価値ミニバン”および“ミニバン代替SUV”の市場は、かなり大きいのかもしれない。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網