戻る


第3四半期の英GDP改定値、前期比+0.4%、家計支出がけん引

[ロンドン 23日 ロイター] - 英国立統計局(ONS)が発表した第3・四半期の国内総生産(GDP)改定値は、前期比0.4%増、前年比1.5%増と、速報段階から変わらずだった。前年比では過去約5年間で最も低い伸びにとどまっている。

家計支出の伸びが成長を支えた。家計支出は前期比0.6%増で、昨年第3・四半期以来の高い伸び。増税に伴い前四半期に振るわなかった自動車販売が持ち直した。一方、企業支出は同0.2%増と、昨年第4・四半期以来の低い伸びだった。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網