戻る


体の95%にやけど、双子からの皮膚移植で一命取り留める 仏

仏北部アミアン近郊のコルビにあるリハビリ施設で、体の95%を覆うやけどから生還したフランクさん(右)と、フランクさんに移植用の皮膚を提供した一卵性の双子の兄弟エリックさん(左、2017年11月23日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】(写真追加)フランスの首都パリにあるサン・ルイ病院(Saint-Louis Hospital)で、体の95%にやけどを負って死の淵にあった男性が、一卵性の双子の兄弟から皮膚移植を受け一命を取り留めていたことが分かった。医師らが23日、明らかにした。双子の間で皮膚を移植する手術はこれまでも行われているが、医師によると、双子のきょうだい間でこれほど広い範囲の皮膚の移植が行われたのは世界でも初めてだという。

 やけどを負い、皮膚の移植手術を受けたのはフランク(Franck)という名前のみ明らかになっている33歳の男性で、双子の兄弟であるエリックさんが頭部、背中、両太ももの皮膚を提供した。

 一卵性双生児間での移植は、遺伝的に関係のない提供者からの移植による拒絶反応のリスクがないとされる。

 今回の手術が行われた同病院の医師モーリス・ミムン(Maurice Mimou)氏は、双子のきょうだい間で皮膚移植が行われたことは以前にもあったが、体の68%にやけどを負った患者に移植手術が行われたケースがこれまでの記録とされ、今回ほど広範囲の皮膚の移植が行われたのは初めてだと述べた。

 フランクさんは昨年9月、仕事中の事故でやけどを負って入院。1週間後にエリックさんの皮膚を移植する手術が初めて行われ、その後も十数回手術が行われた。

 入院からおよそ4か月半後、フランクさんは退院してリハビリ施設に移ったという。
【翻訳編集】AFPBB News

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網