戻る


カカが古巣ミランを訪問、現役引退&フロント入りも?

35歳のMFカカは現役引退の可能性も

写真拡大

 元ブラジル代表MFカカ(35)が古巣のミランを訪問した。22日、クラブ公式ツイッター(@acmilan)が伝えている。

 カカは10月11日にオーランド・シティ(MLS)との契約満了により今シーズン限りでの退団を発表。フィジカル面でプレーに追いつかなくなったと言及していたとの報道もあり、現役引退の可能性も囁かれていた。

 しかし退団会見では「“肉体的な限界”が契約満了の理由ではない。今後については僕にも何もわからない」とコメント。現役引退を完全に否定したわけでもなく、しかし今後の動向についても具体的に言及されず、その去就には注目が集まっていた。

 カカは23日、2003-09シーズンと13-14シーズンに所属していたミランのクラブオフィスを訪問予定とのこと。移籍市場情報サイト『トゥットメルカートウェブ』は「ミランはカカのフロント入りを望んでいる」と伝えており、非公式の場で今後についての話し合いが行われるとみられる。


●セリエA2017-18特集

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網