戻る


ティラノサウルスの前足が「小さくて短い」のは、相手を素速く引き裂くためだった:研究結果

「ティラノサウルスの前足が「小さくて短い」のは、相手を素速く引き裂くためだった:研究結果」の写真・リンク付きの記事はこちら

「小さくて短い」なんていうものではない。その“滑稽”な前足のことで、ティラノサウルス・レックス(T・レックス)をからかおうとはしないことだ。

ハワイ大学マノア校の古生物学者スティーヴン・スタンリーが「Geological Society of America」の年次大会の際に発表した新しい調査によると、ティラノサウルスの前足は戦闘用の恐るべき武器で、不幸な犠牲者の身体を「残酷に引き裂く」ために用いられていた。

スタンリーはこう説明する。「短く頑強な前足を大きな爪と組み合わせることで、ティラノサウルスは犠牲者の背中の上に乗るか歯で捕まえたあと、わずか数秒で長さ1m、深さ数cmの傷を負わせることができました。しかも、その動作を素早く繰り返せたのです」

自身の仮説の補強のために、スタンリーはこの恐竜の上肢の強力さと頑丈さに言及している。これらは恐竜の構造の分析から浮上した特徴だ。実際、前足の骨は非常に厚みがあり、自由に動かすことができた。このことは、ティラノサウルスに俊敏さとパワーの恐るべきコンビネーションをもたらしていた。

スタンリーはさらに続ける。ティラノサウルスが足に2本しか爪を持っていなかった事実により、より多くの爪をもつ生き物と比べて2倍の圧力を加えることができた。ほかの獣脚類(ティラノサウルスが属する恐竜のグループ)は、足に少なくとも3本の爪をもっていた。

だが、誰もがスタンリーの仮説に同意しているわけではない。「前足は実際に多くのダメージを与えることができました」と、メリーランド大学の古生物学者トーマス・ホルツは「National Geographic」に説明している。「しかし、前足が小さかったことを考えると、これを使うためにティラノサウルスは相手のすぐそばまで近づく必要があったはずです。このため攻撃を受ける危険性があります」

興味深いことに、科学者たちが詳細に検討したもうひとつの仮説は、ティラノサウルスが交尾の際にパートナーをつかむために前足を用いていたというものだ。したがって、前足は「愛」または「死」の武器なのだ。もしかしたら、その両方かもしれない。

RELATED

ティラノサウルスの顔は、うろこが「センサー」だった:米研究チームが再現

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網