戻る


東京高裁「記事は真実」 週刊文春の賠償額は2490万円から110万円に

 「イオン」が週刊文春に掲載された食品に関する記事や広告の見出しで名誉を傷つけられたと訴えた裁判で、東京高等裁判所は、見出し以外は真実だと認めた。NHKニュースが報じた。

 1審の東京地方裁判所は見出しや記事の一部が真実とは認められないとして文藝春秋に2490万円余りの賠償を命じたが、2審の東京高裁は記事の内容は真実だとして1審の判決を変更。野山宏裁判長は「食品の安全に関して問題を提起する良質の言論で、裁判を起こすことで萎縮させるのではなく、言論の場で論争を深めていくことが望まれる」と指摘した。一方で、見出しについては見た人に誤った印象を抱かせるとして、文藝春秋に対して110万円の賠償などを命じた。
 
 判決について文藝春秋は「記事の正当性がほぼ認められたものと受け止めている」とコメント。一方、イオンは「名誉毀損が一部認められた判決と理解しているが、判決文を精査して対応を検討する」としている。

・「記事は真実」 東京高裁 週刊文春の賠償額を大幅減(NHKニュース)

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網