戻る


ポイントは塩水に浸けること!フライパンで「とっておきの焼きいも」を作る方法

ポイントは塩水に浸けること!フライパンで「とっておきの焼きいも」を作る方法

写真拡大 (全6枚)

焼きいもが恋しくなる季節。9〜12月に旬を迎えるさつまいもは、貯蔵すると甘みが増す。なので、収穫直後より冬にかけてのさつまいもの方が、甘くておいしいと言われている。

甘くておいしいさつまいもを、「焼きいも」にして食べたい! 今回はこの一点を、フードスタイリストの田村佳奈子さんに追求してもらった。

おいしい「焼きいも」を作るための下準備



「焼きいも」は、ゆっくり焼くと甘みが増す。それは、さつまいもに含まれるでんぷんが、酵素によって糖に変わるから。その酵素の働きが最もよい温度は70℃前後。70℃前後の温度で長時間加熱すると、より多くの糖が作られるので、甘みが増すというわけだ。

さつまいもの選び方のポイント



どんなさつまいもを選ぶか? 家で「焼きいも」を作るときのポイントは、あまり太くないものを選ぶこと。丸々とした「焼きいも」は見た目においしそうだなと思うが、さつまいも自体のおいしさは変わらないのだ。

それに、太さがあると中まで火を通すのに時間がかかるので、家で作るには加熱時間を考慮して、直径6〜8センチくらいの程よい太さを選びぼう。

選ぶべきさつまいもの種類



さつまいもの種類はたくさんある。私はホクホク系のさつまいもが好きなので、今回使用したさつまいもはベニアズマ。

個人的見解では、ホクホク系→しっとり系→ねっとり系の順で甘みが増し、ホクホク感よりもクリーミーさが強くなる、と分析。

ホクホク系・・・ベニアズマ、さつま金時、鳴門金時
しっとり系・・・ひめあやか、シルクスイート
ねっとり系・・・紅はるか、安納芋

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網