戻る


世界で初めてヒト頭部移植に「成功」 中国で手術=伊中医療チーム

写真拡大

 イタリア人医師セルジオ・カナヴェッロ氏は19日、ウィーンで開いた記者会見で、中国の医療チームとともに、脳死の身体提供者2人で試みる世界初の「ヒト頭部移植」に「成功した」と発表した。

 頭部移植手術はカナヴェッロ医師の共同研究者・任暁平医師の医療チームとともに中国黒竜江省ハルビン医科大学で行われた。医療倫理上の問題から、欧米での手術は行えなかったという。ヒト頭部移植の詳細情報は、数日後に医療雑誌に発表される。

 「約18時間もの手術で、私とチームは死体の頭部を別の死体の脊椎・血管・神経とつなげることに成功した」とカナヴェッロ医師は会見で述べた。また頭部移植の成功について「医学だけでなく人間の生活においても変革が訪れている」と自負した。

 カナヴェッロ氏の頭部移植プロジェクトは2015年、ロシアの下半身不随のプログラマーが手術を希望すると申し出て、注目を集めた。任暁平医師は当時イタリア紙インタビューで、提供される身体(ドナー)は中国人なのか、どのような人物なのかとの質問に、回答を避けた。

 任暁平医師は今回の手術は、「移植手術」ではなく「(頭部移植手術)初のモデルケース」としており、実際の移植手術の成功には程遠いとの考えを示している。

おすすめ:中国の臓器売買と人体標本の疑惑を語る一体の人体標本

 伊中医療チームは手術成功の条件として、ドナーは手術24時間以内に生存しているものと定めているという。会見によると、頭部はダイヤモンドの刃を装着した医療機器で切断して除去し、同時に切断された患者の頭部を、頭部のないドナーの身体に結合する。

 「中国は医療分野においても世界一の超大国にしたいと考えている。米国の医療機関やセンターはこれを求めておらず、米国政府が(頭部移植手術を)支持する意向はない」と述べた。

 医療チームは、この頭部移植の名を「天国(HEAVEN: The head anastomosis venture Project、頭部吻合の挑戦的プロジェクト)」と名づけている。

 頭部移植については生命倫理の観点から物議をかもしている。米国逃亡中の中国人富豪・郭文貴氏は9月、中国共産党高官が長生きする秘訣は継続的な臓器移植だと指摘した。郭氏によると、中国共産党高官たちは賄賂や不正取引ですでに巨万の富を得ており、次の目標は不老長寿で、これを実現するために適宜に臓器移植を行い、血液も交換する、と動画のなかで明かした。

 人類初の頭部移植手術が中国で行われたことを受けて、風刺漫画化の変態唐辛子氏は20日、ラジオフリーアジアで漫画を発表。頭部移植を試みようと、まるでゲームセンターのクレーン操作のように若く逞しい胴体を選択する高齢男性の姿がある。「中国共産党に倫理の問題などない。若者の青春さえ延命に利用する」と同氏はコメントした。インターネットでは、その高齢男性の顔が、北京で10月に開かれた第19回共産党大会でも「健在ぶり」を披露した江沢民・元国家主席に似ている、との書き込みが見られた。

(翻訳編集・佐渡道世)

※記事内容に誤りがありましたことをお詫び申し上げます。訂正いたしました。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網