戻る


広がる松山英樹との差 18番で魅せたケプカの“異次元ゴルフ”

【ダンロップフェニックス】

 初日から首位キープのブルックス・ケプカ(27)が、2位に9打差をつける通算20アンダーで楽々逃げ切り、史上5人目の大会連覇を果たした。

 今年の全米オープンで初メジャータイトルを手にしたケプカは、ただひとり4日間とも60台で回る圧巻ゴルフだった。

 最終18番パー5(560ヤード)では、ドライバーで300ヤード以上飛ばすと、残り220ヤードの2打目は4番アイアンでグリーン奥の傾斜を利用してピンそば50センチにつけるスーパーショットを放ち、イーグル締めだった。

 同組のX・シャウフェレ(24)も18番で長いイーグルパットを決めて2位タイに潜り込むと、テレビ解説の日本ゴルフツアー機構・青木功会長が「こういう魅せるゴルフをしなきゃ、お客さんも来ませんよ」とつい本音が飛び出た。

 青木会長が日本男子ツアーの問題点を一番よく分かっているわけだ。

「ケプカのプレーは、米ツアーでは普通の光景です」と評論家の宮崎紘一氏が言う。

「米ツアーは4大メジャーを軸に年間47試合が行われ、一年を通して張りつめたスケジュールが続き、プレーオフ4試合は最終戦出場をかけて勝ち抜く厳しいレースです。しのぎを削り、技術、体力、精神力が鍛えられる。ケプカの18番も、すでに2位と差がついているから、2オンを狙う必要もないと考える人もいるでしょう。しかし米ツアーは逃げていたら勝てない、最後まで手を抜かないゴルフが身に付いているからです。

 一方、日本ツアーは年26試合で、しかも日程は歯抜け状態。世界に飛び出さなくても、日本でそこそこ稼ぐだけで楽な生活ができる。日本ツアーの賞金レース上位のプロが優勝に絡むことができないのですから、世界との差がよく分かります」

 今季日本ツアー初出場の松山英樹(25)は3番でホールインワンだったが、出入りの激しい内容で通算10アンダー5位に終わった。試合後も宮崎に残り、きょう20日はテレビマッチに出演する。日米首脳ゴルフに駆り出され、予選では尾崎将司と同組になり、試合後にテレビ番組のお遊びゴルフではケプカとの差がどんどん広がりそうだ。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網