戻る


負けなし20連勝 強すぎる小平に囁かれる“江陵の風”の陰謀説

 昨季の世界女王に死角はなさそうだ。

 18日(日本時間19日)に閉幕したスピードスケートのW杯第2戦(ノルウェー・スタバンゲル)の女子500メートルで小平奈緒(31)が37秒07で優勝。W杯15勝目をマークし、同種目では昨季から国内外通じて20連勝を達成した。今大会は2日間とも、五輪2連覇中で世界記録(36秒36)保持者の李相花(28=韓国)と同走し、2戦とも1秒近く引き離してゴールした。

 今年2月の世界スプリント選手権(カナダ)女王は、もはや敵なし。来年2月の平昌五輪での金メダル取りが確実視される。

 スピードスケート会場である新設の江陵競技場は高速コース。リンクの氷は海外の専門家がメンテナンスを行い、良質な状態が保たれている上に、会場の天井部に設置された送風機の影響も大きいとされる。今年2月のテストイベント(世界距離別選手権)では、レース中に送風機が使用され、好タイムが続出した。

 世界のトップ選手は一様に「風の影響」を口にしていた。この大会では全てのレース時にファンが回っていたが、五輪では小平が滑る時だけ、送風機を止めてタイムを出にくくするという陰謀説まで出始めている。

 もっとも、今の小平の滑りには風やリンク条件などは関係ない。昨季から、どのようなコースでもタイムは安定。今季は空気抵抗が大きくタイムが出にくいとされる低地リンクでも37秒台前半をマークしており、世界のトップスケーターたちを寄せ付けない。陰謀がささやかれるほど、今の小平の強さは群を抜いているということだ。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網