戻る


貴ノ岩 秋巡業「取組から外して」と申し入れていた…新証言!ビール以外の瓶で殴打

協会は近日中に貴ノ岩を聴取予定

写真拡大

 横綱・日馬富士(33=伊勢ケ浜部屋)から暴行を受けた平幕・貴ノ岩(27=貴乃花部屋)が、秋巡業中に取組から外してほしいと巡業部長である師匠の貴乃花親方(45=元横綱)に申し出ていたことが20日、分かった。これにより発覚した暴行問題では、日馬富士がビール以外の酒瓶で殴打したとの新証言が浮上。鳥取県警は日馬富士の再聴取に乗り出す方針だ。また、日本相撲協会の危機管理委員会は、21日にも酒席に同席した横綱・鶴竜(32=井筒部屋)らの事情聴取を行う。

 日馬富士から暴行を受けた貴ノ岩は当初、貴乃花親方にケガの理由を「階段で転んだ」と答えていた。そのため軽傷と判断され、横綱に激しく殴打された直後の10月26日の鳥取巡業の取組にも組み入れられていた。しかし、ケガは転んだ程度の軽傷ではなかった。関係者によれば「貴ノ岩が師匠に、割り(取組)を外してもらえませんかと申し出て、それで問題が発覚したようだ」という。

 貴ノ岩を問い詰めて、事態を知った貴乃花親方は激怒。当事者たちが本当の事を言わない可能性があったことから、真相究明を警察の捜査に任せることを決断し、29日に鳥取県警に被害届を出した。

 暴行問題の発覚後、協会内では貴ノ岩が巡業の取組に出ていたため、被害内容を疑問視する見方も出ていた。しかし、実際には貴ノ岩は暴行があったことを口にせず、痛みを我慢して取組を行っていたとみられる。被害届が出された29日の広島・福山巡業の取組から貴ノ岩は外された。

 この問題では、ビール瓶で殴打したかどうかを巡って当事者の証言が食い違っている。

 関係者によると鳥取県警と危機管理委員会の聴取に対し、日馬富士は素手で殴ったことを認める一方で、ビール瓶の使用は否定。16日には、酒席に同席した白鵬もビール瓶での殴打を否定していた。

 しかし、この日になって日馬富士がビール以外の酒瓶で殴打したとの同席者による新証言が浮上。同席者によると、貴ノ岩は左前頭部から流血。日馬富士は膝の上にのしかかって暴力を振るったという。さらに貴ノ岩が鳥取県警の聴取に「硬いもので殴られた」と話しているとの情報もある。

 鳥取県警は、食い違いがみられる証言と合わせて一連の暴行問題を分析し、日馬富士については再聴取する方針。暴行の経緯の確認を慎重に進め、立件の可否を判断する。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網