戻る


牛角の本気、肉の旨みを楽しめる新グランドメニューがスタート

「牛タン塩」(写真: レインズインターナショナルの発表資料より)

写真拡大

■誰もが注文する定番メニューが生まれ変わる

 牛角は11月21日から、美味しさをさらに追及した新グランドメニューの販売を開始する。肉とタレを馴染ませるためにミリ単位で肉の厚みにこだわり、さらに、工程に合わせて牛角秘伝の塩ダレも見直した。

【こちらも】「牛角」の焼肉弁当、宅配サイト「ごちクル」で販売開始

これと同時に、12種類以上のスパイスやハーブを使った「牛角特製スパイス牛ホルモン」や、海苔とニンニクがたっぷりの「牛角黒ラーメン」など多彩な新商品も登場。グランドメニューがより一層賑やかになる。(価格はいずれも税別)

■進化した定番メニュー

「牛タン塩」(790円)  厚さを0.5ミリ増すことで、ボリュームアップと柔らかさの向上を図った。徹底して揉みこまれた塩ダレによって、ふっくらした焼き上がりとジューシーな肉汁を楽しむことができる。

「塩ロース」(590円) 30日間熟成させた肩ロースを使用。丁寧にカットした肉を秘伝の塩ダレにしっかりと漬けこみ、赤身の味わいと熟成の旨みを引き出した。ミリ単位での厚さにもこだわり、最高の食感を提供する。

「塩上ハラミ」(690円) 牛角史上最高の柔らかさを誇り、溢れ出す肉汁も堪能できる。秘伝の塩ダレと隠し味のブラックペッパーが、やみつきになる美味しさだ。

■牛角フラッペがジュエリーラテに

 昨年の夏に話題となった期間限定メニューの人気商品「牛角フラッペ」が「牛角ジェリーラテ」として進化、レギュラーメニューの仲間入りをする。「カフェラテ」と「抹茶」の2種類を販売、価格はいずれも390円。

 この他に、クセのないラム肉に特製バジルダレを合わせた「バジルラム(690円)」、焼肉との相性抜群な「りんご酢ハイボール(490円)」などの新しい顔ぶれもメニューに並ぶ。

■続く牛角のこだわり 

 牛角カルビは、牛1頭からわずかしか取れない「ボンレスショートリブ」を使用。チョレギサラダには、水分の少ないサラダ菜を使うことでドレッシングとの絡みやすさを図るなど、牛角は常に食材の吟味を続けている。忘年会や新年会でも、そのこだわりを存分に味わうことができそうだ。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網