戻る


「このハゲ―!」豊田真由子氏はわずか1分で”落選確実”

 投票を締め切った午後8時すぎ、いきなり「当選確実」ならぬ「落選確実」を報じたテレビ局もあった。

 埼玉4区の豊田真由子氏(43=無所属)はその約1時間半後、軽自動車に乗って事務所に姿を現した。

 が、3〜4人のスタッフが写真を撮らせまいとガードしたため、報道陣にもみくちゃにされていた。

 事務所に集まったのは女性数人だけで、豊田氏は涙を流しながら「私の力不足」と敗戦の弁。今後については「未定」と、力なく語った。

 元秘書に対する「このハゲェーー!」騒動のあおりで、自民は7月の都議選で惨敗。関係者が「あいつだけは落とす」と息巻き、県議や市議、後援会からも見放された、まさに「天国から地獄」の戦いだった。

 連日駅頭に立って有権者に頭を下げる一方で、「多くのハゲましの言葉をいただいております」などと強がっていたが、そう甘くはない。

 公示日の10日は、くしくも豊田氏の43回目の誕生日。花束を持参して「頑張ってね」と声をかけたり、「議員としての仕事はちゃんとやってきた」とエールを送る支援者もいるにはいたが、多くの有権者はやはり「違うだろーーっ!」とばかりにノーを突きつけた。

 豊田氏に“ハゲ暴言”を浴びせられ、暴行を受けたとされる元秘書は、豊田氏落選の報を受け、日刊ゲンダイにこう語った。

「暴行を認めないまま選挙に出たことは、有権者に真実を隠したことになり、政治家としては致命的な失態だと思います。本当の戦いはこれから。“暴力政治家”を二度と世に出してはならない。示談はあり得ません」

 落ちてしまえば「ただの人」。有権者の審判の次は、捜査の審判が待っている。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網