戻る


美容液使ってますか?日常使いしたい美容液のアレコレ

美容液使ってますか?日常使いしたい美容液のアレコレ

写真拡大

“美容液”と聞くと、高いスキンケア!とか、トラブルに効果がありそう!だとか、特別なスキンケアアイテムとして考えられている方が多いようです。

現在使用している方の中でも、何となく「使っていたらキレイになるような……?」こんな感じでお使いの方も多いのではないでしょうか?

より効果的にワンランク上の”キレイ”を手に入れるためにも、自分のお肌に必要な美容液を選び、しっかり理解した上で正しく使用することが大切です。

■そもそも美容液とは……?

美容液は、スキンケアアイテムのひとつで、保湿や美白、ハリや弾力など”プラスアルファ”の美容効果を得るために美容成分が高配合された化粧品のことです。

顔全体につけたり気になる部分に集中的に使用したりと、普段のスキンケアアイテムにプラスすることで肌悩みに合わせたお手入れができます。

美容液に配合される美容成分の量やテクステャーなどは、決まりがないため各メーカーによってさまざまです。

美容液は、肌トラブルになって大慌てで使うのではなく、”肌トラブルを起こさないようにするため”に使うべきアイテムです。「若いからまだ大丈夫」と思っているあなた、本当は今が使い時。美容液は”転ばぬ先の杖”、肌トラブルが出た後ではなく”予防”のために使う方が効果的なのです。

■ 美容液の分類
美容液は大きく3種類に分けられます。

1.肌悩み別美容液
これは、肌トラブル別に効果のある美容成分入った美容液で、保湿美容液、肌荒れ改善美容液、毛穴ケア(収れん)美容液、アクネケア美容液、美白美容液、ハリ・弾力美容液などがあります。

2.部位別美容液
各部位に特化した美容液で、目元専用や首用、スポット用などがあります。

3.用途別美容液
用途によって使い分けできる美容液で、化粧水などの浸透を良くする導入美容液、化粧のノリやもちを良くする化粧下地タイプの美容液、紫外線カットをする紫外線防止タイプ美容液などがあります。

■美容液のつけ方、順番など

美容液だけでなく、スキンケアアイテムの“つける順番”と“つける量”は、とても大事です。
一般的に美容液は、化粧水と乳液の間、毎日継続して使用することと表記されていることが多いですが、導入美容液は、洗顔後すぐにつけて、その後つける化粧水などの浸透を良くする目的で作られています。
各メーカー、アイテムにより使用順序、使用量などが異なることがありますので、必ずパッケージで確かめてから使用しましょう。

■冬場のオススメ美容成分

“乾燥が気になる方”

乾燥は、水分バランスが乱れが原因で起こります。肌内部に水分を保つ”保湿成分”を配合した美容液でケアすることをオススメします。保湿成分には、潤いを与えるものからキープするものまでさまざまです。肌状態に合わせて、美容成分が配合された美容液を選びましょう。

1.そそぐ
角層に水分をとどける。・・・精製水

2.つかむ
水分を吸収する性質がある。(湿度が低いと保湿力がダウンする)・・・アミノ酸、NMF、グリセリン

3.抱えこむ
真皮の中にもともとある成分(湿度が下がっても水分をしっかり抱えこんで離さない)・・・ヒアルロン酸、コラーゲン

4.はさみこむ
水分をしっかりキープ。・・・セラミド、レシチン、スフィンゴ脂質

5.フタをする
肌に浸透した水分を蒸発させないようにする。・・・スクワラン、ホホバ油、ワセリン

美容液を選ぶ時に、今一度、ご自身の肌の状態と今の肌が一番求めていることを再確認してください。
保湿や美白、エイジングケアなどいろいろな成分が含まれている美容液がありますので、購入する際はどんな成分が入っているのか? 自分の肌に合っているのか? 必ず確認しましょう。

また、無理なく毎日続けられるよう、自分の好みのテクステャーを選ぶことも重要です。使用手順や使用量を守って、より効果的にスキンケアを行いましょう。まずは、美容液を1本プラスして、ワンランク上のキレイ肌を目指しましょう。

美容液使ってますか?日常使いしたい美容液のアレコレはWoman Wellness Onlineで公開された投稿です。

【筆者略歴】

a.kumi

「コスメライセンススクール広島校」・「Beautystudio Gaiiery」の代表をしており、長年美容業界で携えた知識と技術で年齢に抗うことより心身ともに健康で美しく年を重ねる提案を発信中。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網