戻る


村田諒太に完敗 エンダム、序盤で戦意喪失を告白「自分には何も残されてなかった」

村田諒太、アッサン・エンダム【写真:Getty Images】

写真拡大

再戦で7回終了後TKO負け、2回後には心身ともに疲弊「腕の力も、足のパワーも…」

 ボクシングのWBA世界ミドル級タイトルマッチ12回戦(両国国技館)は22日、ロンドン五輪金メダリストの同級1位・村田諒太(帝拳)が同級王者のアッサン・エンダム(フランス)を7回終了後にTKO勝ちで撃破。王座陥落したエンダムは「最初の2ラウンド後に何も残されていなかった」と序盤に戦意喪失していたことを告白している。母国のフランス地元紙「ル・フィガロ」電子が伝えた。

 完敗だった。エンダムは序盤から村田に圧倒された。8回開始前に棄権。チャンピオンベルトを明け渡した。

 5月の対戦では判定勝ち。村田の敗北と採点したジャッジ2人が6か月の資格停止処分に言い渡され、“疑惑の判定”は世界で波紋を呼んだ。そして、東京で迎えた運命のリターンマッチ。王者の実力を証明したかったが、敗れ去った。

 その裏では、序盤から気力を失っていたという。記事によると、村田が試合後のリングで男泣きを見せる間、目の焦点を失っていたエンダムは「最初の2ラウンド後に自分には何も残されていなかった。腕の力も、足のパワーも……」と告白。雪辱を期して攻め込んできた村田に対し、心身ともに戦意を奪われていたようだ。

 戦前には体調不良であることも明かしていたエンダム。ただし、記事では「エンダムには単純に強すぎた」と指摘しており、村田との力の差を認めざるを得なかったようだ。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網