戻る


JR九州を猛烈に突き動かした「逆境と屈辱感」


もうダメだと思われた九州の鉄道は、JR発足時の1.4倍に拡大した(撮影:梅谷秀司)

昨年上場を果たしたJR九州。唐池恒二会長が執筆した『本気になって何が悪い』からは、ダイナミックな事業展開の裏話はもとより、次々と壁を突破してきた著者の人となり、周囲を盛り立てる「気」のようなものが生き生きと伝わってくる。洒脱な語り口も魅力。ビジネス本にしてワンダーランドを旅するような、楽しさに満ちた一冊だ。

――今回も御自身で執筆。テンポよく笑わせつつ胸に迫る箇所もあり、プロ顔負けの筆力ですね。

んー、なかなかのもんですな。ねえ(笑)。

――上場までの道のり、丸井への出向、博多─釜山(プサン)間高速船「ビートル」就航、外食事業の再建、農業参入ほか内容てんこ盛りです。

国鉄民営化直後の若い頃に丸井で学んだことが、僕の強烈な土台になった。今の自分があるのは外食事業、ビートル、そして丸井で学んだことが3分の1ずつ。それほど大きな先生です。丸井での経験は3つのカルチャーショックでした。当時の意識はまだまだ国鉄マン。その国鉄と民間とのものすごい落差。頑固でお堅い鉄道業と生き馬の目を抜く流通業の差。そして当時は本社が門司だったから、仕事のテンポ、人のアンテナの高さが東京と全然違ったのね。

中央の傲慢さを見返してやりたい

――会社発足30年目で上場を果たせた理由として、真っ先に挙げられたのが「逆境と屈辱」。

屈辱感はありましたね。中央の傲慢さを見返してやりたいっていうのは、現場にも経営陣にもみんなありました。九州は赤字の鉄道を国鉄から引き継いだ。何を要請しても「それより地方はコスト削減せよ」。列車体系も中央の事情最優先で、地元のためのダイヤは後回し。おまけに九州では高速道路の整備が一気に進み競争が激化、逆境からスタートした。

一方JR東日本・東海・西日本は最初からいつ上場しようかって話で、JR九州、北海道、四国はいつまでもつかというのが大方の見立てだった。そのときに「JR三島会社」という言葉が生まれたんです。学校で教わる大きな島といえば佐渡島や淡路島でしょ。北海道と九州と四国を島と呼びますか? それにいちばん腹が立ったんです。

――JRになって4年、海を舞台に高速船ビートルの国際航路が開業しました。「海のものとも山のものともつかない事業になぜか喜々として取り組む唐池恒二がいた」という一文が本文にあります。


唐池恒二(からいけ こうじ)/1953年生まれ。京都大学法学部卒業後、1977年国鉄入社。東京、福島勤務を経て1983年大分鉄道管理局配属から九州勤務始まる。87年のJR九州発足後、D&S(デザイン&ストーリー)列車や高速船就航、外食事業黒字化などに尽力。2009年社長、2014年会長就任(撮影:梅谷秀司)

ああ、ねえ。JRになって一気に新事業に取り組みだし、牽引役に若手のエースを投入してきました。僕がエースだったかどうかは別にして。ビートルという海の事業を始めたときは、今のままの鉄道だけじゃやっていけないとみんな意識してました。だから船舶は訳のわからん未知の事業だけど、送り込まれた僕はうれしかったですよね。

ビートルは当初苦戦したけど、数年後僕が外れた後軌道に乗り、本当によかった。僕は丸井でもビートルでも、すばらしい上司や相方に巡り合ってきたんですよ。外食で東京進出した際は3代目市川猿之助さんだった。JR30年でこれほどいろんな仕事をし、これほどすばらしい人たちと出会えてきた。何と幸せ者かと。

――外食再建時、「店に『気』を満ちあふれさせよう」と話をされた。

キビキビした動き、明るく元気な声、緊張感、よくしようという貪欲さと夢見る力を持とう、と呼びかけた。気に満ちた店はみな調子がいい。黒字化が見えたとき、高級焼き鳥店の東京進出を宣言した。手間を惜しまずやりたくなる夢をリーダーは描く。次の夢を描かなければ組織は停滞する。夢があるから進むべき方向を見失わない。ね。するとまた気が満ちてくる。それが大きな組織、一人ひとりの人間を動かす力になります。

外食事業での経験が、世界一のレストランだったスペインの「エル・ブリ」に触れることでさらにインスパイアされ、2013年の豪華寝台列車「ななつ星in九州」運行につながったんです。

夢のない組織なんて何をしていいかわからん

――対決型マーケティングという手法を多用されてきましたね。

大分vs.鹿児島の観光キャンペーン、ビール会社同士を競争させるビアレストラン、整理・整頓・清掃・清潔・しつけの5Sと電話応対、接客態度などについて全駅・事業所を覆面調査し会議の席順をランキング順にする全事業所ランキングなどいろいろ。みんな頑張るんですよ。勝負となるとみんな勝ちたい。競争原理を導入しないと切磋琢磨はない。そのうえで経営者はつねに新しい夢を提示し続ける。ね。夢のない組織なんて何をしていいかわからんじゃないですか。

――大阪出身の唐池さんも、これだけどっぷり九州につかったら、いまや完全なる九州人ですか?

いやあ、どうも違うみたいね。九州の人は九州のいいとこ悪いとこがあまりわからない。外から来た僕はわかりますもんね。九州を客観的に見られるからね。

――それじゃ、もしJR北海道の再建を託されたら、どうします?


いやあ考えたことないけど、先ほどの競争原理からして北海道は難しいですよ。九州は7県ある。新しい観光列車を鹿児島に入れたとしましょう。すると他県がウチにもぜひと陳情に来られる。僕ら簡単にはOKしない。その列車をきちんと育ててください、応援してください、盛り上げてくれますか、いちばん熱心なところとやりますよ、と言うんです。

それに九州は鉄道にとって理想的な都市配置でもある。福岡150万人に、北九州、大分・別府、熊本、鹿児島、長崎と数十万人規模の都市が50キロメートルから100キロメートル単位でおるわけ。北海道は残念ながら基本的に札幌一極でしょ。

みんな本気で危機感を持ってやってきたから

――もともと九州が持っていた鉄道事業のポテンシャルを、地域密着のダイヤ再編成や鉄道へのデザイン性導入で引き出した。

もうダメだと思われた九州の鉄道は、JR発足時の1.4倍に拡大した。鉄道以外の事業も本気でやったから、売り上げ全体の60%と本州3社の30〜40%に比べ圧倒的に高いね。それはみんな本気で危機感持ってやってきたからです。

私どもの中期経営計画のキャッチフレーズは、「優しくて力持ちの総合的なまちづくりの会社を目指す」。優しくてというのはお客様、地域の人、社員に対する愛と思いやり。力持ちは競争力のある強靭でへこたれない事業展開。いくら強くても愛がなければスーパーヒーローじゃない、とキン肉マンも歌っとります。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網