戻る


ドコモの2画面スマホ「M」 ソシャゲ民がざわつく理由


NTTドコモは10月18日、2017-2018冬春向けの新商品発表会を開催した。11機種にも及ぶ多彩なスマホが発表されたが、ひと際目立った機種が2画面スマホ「M Z-01K」。ネットでは、ユニークな仕様が話題だが、とりわけソシャゲユーザーが盛り上がっているようだ。

「M Z-01K」はドコモがオリジナルブランドとして企画・開発し、中国メーカー「ZTE」が設計、製造を担当したグローバルモデル。最大の特徴は何といっても、折りたたみ式の約5.2インチディスプレイを2画面有している点だろう。

例えば、1つの画面で動画を見ながらもう1つの画面で友達とSNSでコミュニケーション、もしくは、地図アプリとブラウザを同時に表示しながらお店探しといった楽しみ方が想定される。画面を切り替える手間なしの快適なマルチタスクを実現したというわけだ。もちろん、画面間のアプリを移動することもでき、その際には二本指のスワイプのみで実行可能。

画面下部のナビゲーションバーのモード切替メニューをタップすれば、「通常モード」「ミラーモード」「2画面モード」「大画面モード」の4つに切り替えられる。特に「大画面モード」で2画面開いて使えば、約6.8インチの大画面になり、より迫力ある映像、実物の本に近い感覚の電子書籍を楽しむことができる。

Twitterでは、

“小型パソコンみたいにも使えるし、マルチディスプレイとしても便利!”
“相場には便利そうなスマホ。為替と先物とか、先物と個別でとかいけそう。”
“大画面モードは自分には便利かなあって。とにかく文字が大きくできる(ことを期待できる)のは良さそう。”

と様々なシーンで重宝しそうだという声があがっており、なかでも、

“二画面スマホの、同時に2つのアプリ開けるの凄くない?!(ソシャゲ的な意味で”
“今スマホ二台持ちでバンケツとFGOしてるから普通に欲しい…”
“左でソシャゲ、右でラインとか今なら需要ある使い方が出来るかもしれんね”

とスマホでゲームをプレイするユーザーに人気を呼んでいるようだ。

これまでAndroid 7.0以降では、一画面内で画面を2分割してアプリを同時起動できる「マルチウィンドウ機能」は実装されていたが、スマホサイズでの画面分割は「小さくて使いづらい」という声も出ていた。今回、ソーシャルゲームをするユーザーが敏感に反応を示したのは、2画面スマホは複数のゲームを起動したり、ゲームをしながら攻略サイトやSNSを閲覧したりするのにうってつけだからといえそう。もしやゲーマ必須の端末になるかも。
(山中一生)

■関連リンク
M Z-01K
https://www.nttdocomo.co.jp/product/smart_phone/z01k/index.html

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網