戻る


次期カローラに観測、「3ナンバー化」の波紋


「カローラ」シリーズのマイナーチェンジで変わったこととは?

「カローラ」シリーズがマイナーチェンジを実施

トヨタ自動車のロングセラーカー「カローラ」シリーズが、10月11日に一部改良(マイナーチェンジ)を実施した。

セダンタイプの「アクシオ」、ステーションワゴンの「フィールダー」共に、衝突する危険性を察知した場合には自動ブレーキが作動する安全運転支援技術「トヨタセーフティセンスC」を全車標準装備化。アクセルペダル踏み間違い時の衝突被害軽減に寄与する「インテリジェントクリアランスソナー(パーキング・サポート・ブレーキ)」を新たに設定するとともに、内外装の意匠変更を行った。従来は特別仕様車だった「W×B(ダブル・バイ・ビー)」をカタロググレードとしたことなども主な変更点となる。

現行型カローラシリーズは2012年5月に登場した11代目だ。2015年3月にデザインの一新や燃費の向上とともに、安全装備の充実などの大規模な改良を加えていたが、今回もさらに商品内容を充実させた。


中国仕様のカローラセダン

一方、来年(2018年)夏あるいは初秋をメドに、アクシオも含めた国内カローラシリーズが、12代目(アクシオというペットネームがついてからは3代目)へと刷新するのではないかというスクープ情報が、自動車業界内で飛び交っている。この情報を基にすると、現行モデル登場から5年が経過し、フルモデルチェンジ(全面改良)をおよそ1年先に控えつつの、ビッグマイナーチェンジには意外感もあるが、当初予定よりも開発が延びているという話もある。

その裏側にあるのが、次期12代目で施されるのがうわさされる「激変」だ。12代目は国内カローラシリーズ初となる3ナンバーボディになるのが濃厚だというのだ。

日本の自動車業界では全長4700mm(4.7m)、全幅1700mm(1.7m)に収まる乗用車を「5ナンバーサイズ」と呼ぶ。5ナンバーとはたとえば「品川501〜」「神戸530〜」など、ナンバープレートの登録地域に続く番号。正確にはガソリンエンジンの場合で排気量2000ccを超えると、5ナンバーサイズであっても3ナンバー(「品川301〜」「神戸330〜」など)で登録されるものの、狭い日本の道路になじみやすい車体サイズとして、ユーザーにも認知されている。

現行11代目カローラのボディサイズは全長4400mm、全幅1695mmに収まる。12代目カローラはおそらく全幅が1700mmを超えるのだろう。

次期カローラはTNGAに基づき開発

走行安定性や衝突安全性能の向上などもあるだろうが、次期カローラはTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)という考え方に基づいた新世代プラットフォームで開発されている。第1弾が現行の4代目プリウス。続いて昨年末に登場した新型SUV「C-HR」、今年7月に国内で発売した新型「カムリ」でも用いられた。4代目プリウスの全幅は1760mm、C-HRは1795mmと、比較的コンパクトなカテゴリーながら立派な「3ナンバーサイズ」だ。

カローラがTNGAで開発を進めると5ナンバーサイズに対応できないとみられている。すでに海外市場でのカローラでは、10代目から3ナンバーとなっている。ただ、国内仕様の次期型が3ナンバーとなっても、全幅は1750mm以内に収まり、1800mm近くある海外仕様とは引き続き別バージョンになる見込みだ。

カローラを取り扱う「カローラ店」のセールスマン複数にこの話をしてみると、絶句された。3ナンバーボディに抵抗を示す得意客は少なくないというのが、現場から聞かれた意見だ。

カローラといえば、昨年、生誕50周年を迎えた。長らく「国民車」として親しまれてきた背景には、手頃なサイズ、パワー、価格などといった要素がある。カローラシリーズは法人需要も意外と大きい。5ナンバーサイズのセダンやステーションワゴンが日本国内では極めて少ないこともそこには影響している。

現行11代目でハイブリッドモデルが追加設定された際、飛びついた個人・法人は少なくなかった。プリウスではボディサイズが大きく取りまわしに四苦八苦するという個人客のニーズに対応して追加設定し、好調な販売に結び付いていると、以前、販売現場で聞いたことがある。ある法人ユーザーは「プリウスでは3ナンバーなので、得意先をまわりにくい。『儲かっているね』などと嫌みを言われるからカローラのほうがいい」と打ち明ける。

実は現行11代目カローラの先代に当たる10代目カローラの全長は4540mmだった。これに対して年齢層の高い日本国内のカローラユーザーから「ボディサイズが大きい」「全長が長い」という不満の声が出たのだ。その後、11代目は全長を10cm以上、詰めた。それぐらい大きなボディサイズに抵抗のある固定客が多い車種なのだ。

トヨタが今後、投入する新型車ではコンパクトカー「ヴィッツ」さえも3ナンバー化されるという観測もある。国内乗用車市場で圧倒的なシェアを持つトヨタが、比較的小型な車種においても5ナンバーを気にしなくなるとしたら、5ナンバー、3ナンバー制の形骸化が進むかもしれない。それほど、国民車であるカローラの3ナンバー化はインパクトがある。

トヨタがこのタイミングでの現行11代目カローラの商品力を大きく上げるマイナーチェンジを施したのには、ほかの側面も見えてくる。それは3ナンバーサイズに生まれ変わるとみられる、次期12代目カローラが登場する前に、手頃なボディサイズの11代目カローラを得意客に買い替え促進させようという狙いだ。

「新旧併売」になる可能性がある?


北米仕様の2代目カローラ

また、ここからはあくまで筆者の観測になるが、ひょっとすると次期12代目カローラの販売当初、11代目が一部で残るかもしれない。「新旧併売」である。

トヨタは過去カローラシリーズを新旧併売したことがある。1974年に3代目がデビューしているが、2代目がしばらく併売されていた。当時厳しくなっていた排ガス規制や、北米などの安全基準対応のため、3代目の車両価格が著しくアップしてしまったことに対応した措置だったと聞いている。


2代目プリウス

ほかにも事例がある。2009年5月に3代目プリウスがデビューした後、トヨタはしばらくの間、2代目プリウスを「プリウスEX」として併売していた。世界的に見ると新旧モデルの併売は、欧州市場などでは決して珍しくなく、中国では結構“お約束”で行われている。

筆者が次期カローラの新旧併売がありうると思うのは、それだけカローラの3ナンバー化は、トヨタにとっても慎重に判断・対応しなければならない出来事だからだ。ただ、もし、新旧併売が実現したとしても現行11代目カローラの現状ラインナップがそのまま残ることはないだろう。併行販売時に旧型となる現行型は廉価グレードがメインとなり、法人ニーズへの対応をメインにしてくることが考えられる。

原文リンク

本站帖子來源於互聯網,轉載不代表認可其真實性,亦不代表本站觀點!
關於本站| 官方微博| 私たちの関心網| よくある問題| 意見反饋|copyright 私たちの関心網